浴室内装の補修を徹底解説!補修費用は?補修期間は?

浴室の内装は湿度の高さや、カビの栄養になりやすいシャンプー、ボディソープの飛沫などの影響で、住宅の中でも様々なトラブルが発生しやすい場所の一つである。

綺麗に掃除をしていても気がつけば目地に黒いポツポツができていたり、壁が変色していたりということはよくあることで、このような浴室のトラブルに頭を悩ませている方も多いのではないだろうか。

今回の記事では、浴室の内装に発生する様々なトラブルの補修にかかる費用や、補修期間について徹底的に解説をしていく。

浴室内装のトラブルでお悩みの方はぜひ、参考にご覧いただきたい。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

浴室内装のトラブルはどんなものがある?

まずは、浴室内装に起こるトラブルの種類について紹介する。
浴室は様々な種類のトラブルがあるため、適切に補修する意味でもまずは一つずつしっかりと理解していただきたい。

浴室に多いトラブルとしては
● カビ
● 水漏れ
● ひび割れ
● 変色
などがある。

カビ

浴室内装のトラブルでもっとも一般的なものといえばカビによるトラブルではないだろうか。

そもそも日本は太平洋高気圧の影響で、高温多湿であることはよく知られているが、その影響を受けやすい場所の一つが浴室である。

夏場など気温の高い季節に、浴室の窓を締め切り、換気扇を回さずに放置しておくとほんの数日で赤カビや黒カビが発生してしまう。

このカビは目地やタイルの隙間などに入り込んでしまうとなかなか綺麗に除去することは難しい。

水漏れ

続いて多い内装トラブルとしては、水漏れがある。
例えば、浴室と壁をつなぐ目地から水漏れが発生したり、壁に取り付けられている蛇口の根元からポタポタと水が漏れるというケースもある。

いずれにせよ、水漏れの原因としては目地の劣化もしくは、壁面のひび割れなどが原因であることが多い。

ひび割れ

近年主流である浴室パネルでは発生しにくいが、タイル素材や木材などを用いている浴室の場合ひび割れというのも浴室に多いトラブルの一つだ。

ひび割れが発生する原因としては、物理的な衝撃などでも発生することはあるが、長年使用することによる経年劣化や、小さな振動によるダメージが蓄積することによって発生するひび割れなど原因は様々である。

いずれにせよ、ひび割れてしまった壁を放置すると隙間から染み出した水分などが壁の下地を痛めてしまいさらに大きな補修作業が必要になることもあるため、放置せずに早急に直すことが重要だ。

変色

浴室トラブルで意外と多いのが壁や床などの変色だ。

変色の原因は大きくわけて二つあり、カビなどによって表面に頑固な色素沈着が発生してしまうケースと、化学反応によって変色が発生するケースがある。

まずはカビによる変色についてだが、カビはそもそも浴室の壁や目地などに根を張るように増えていくものであることはご存知の通りだ。
つまり、壁の表面をゴシゴシこすって掃除をしたとしても、壁や目地の目に見えない隙間に入ったカビの根までは綺麗に掃除することができない。

また、一度繁殖してしまったカビを完全に取り去ってしまうことは難しく、綺麗になったように見えても実はカビの根が残っているということがほとんどだ。
これが、壁の変色の原因というわけだ。

続いて、化学反応による変色だ。
化学反応による変色と聞いてもピンとくる方は少ないのではないだろうか。
実は、綺麗に掃除をしていても水道水に含まれるわずかな鉄分などが周囲に付着していることがある。

そして、鉄分などが付着した壁に塩素系のカビ取り剤や洗剤を塗布すると化学反応によって黄色や赤茶色に変色し壁や床に色がついてしまうことがある。

ちなみに、綺麗な水道水には変色をさせてしまうほどの鉄分は含まれていないが、水道管やシャワーの内部が古くなるなどすると鉄分が溶け出して上記のような変色を引き起こしてしまうのだ。

トラブル別の補修費用について

http://www.doityourself.com/

http://www.doityourself.com/

続いて、浴槽の各トラブル別の補修費用について紹介していく。

カビ

カビの除去は軽度なものであれば市販のカビ取り剤で行うこともできる。
しかし、市販のカビ取り剤などでどうしようもないものに関しては補修業者にき依頼することになるだろう。

浴室のカビをクリーニングするのにかかる費用は、1.5万円〜3万円というところが相場だ。

水漏れ

続いて水漏れ補修にかかる費用についてだ。
水漏れと言っても、蛇口や排水管の口などパッキンの劣化が原因の場合と、壁のひび割れなどが原因となるケースがある。

各所のパッキン交換であれば原材料がかなり安いため1万円から1.5万円ほどが相場だ。
反対に壁のひび割れなど補修の難易度が高いため少し費用が上がり、2万円から3万円ほどが平均的な補修費用と言える。

ひび割れ

続いてひび割れ補修にかかる費用についてだ。
壁のパネルや、タイルなどのひび割れの場合、軽度なものであればコーキング剤(ひび割れを補修するボンド)を使って補修することができる。
このような簡単な補修であれば1万円から1.5万円ほどが相場と言えるだろう。

また、コーキング剤では補修できない比較的重度なひび割れの場合は場合によっては壁の下地補修やパネルの交換などが必要になることもあるため補修費用は高くなり3万円から10万円と症状に応じて値段が高くなる。
あまりにもひび割れがひどい場合は、補修業者に事前に問い合わせを行い補修費用を確認するようにしよう。

浴槽のひび割れの場合、補修費用が高額になるケースがあり、素材による違いはあるもののひび割れ補修だけで3万円から5万円程度が相場だ。

また、補修することが難しく浴槽自体を交換することになった場合、安い浴槽を使えば8万円から9万円ほど、素材にこだわった場合で20万円前後が相場となる。

変色

続いては壁の変色についてだ。
壁の変色の場合でも補修を行う場所や、素材によって費用は変わってくるが大きく分けて2種類の補修方法がある。

一つは何らかの薬剤を使って補修する方法だ。
例えば、カビや、何かが色移りすることでついてしまった変色の場合、強力な薬剤を使うことで色を抜いてしまうことも可能だ。
この方法であれば、使用する薬剤の代金と作業代程度の費用で補修する事ができるために費用も安く1万円から2万円もあれば補修する事ができるだろう。

その他、何か強力な薬品などによって変色してしまった場合は上記の方法で補修できないこともあるが、このような場合パネルの交換といった大掛かりなリフォーム工事が必要になる。
費用は当然ながら高額になり、タイル、シート、パネルなどに張り替えを行う場合で10万円から20万円程度、木材などの高級素材を使用する場合で20万円から高い場合で100万円程度の費用がかかることになる。

トラブル別の補修期間について

ここまでで、各トラブル別の大まかな補修費用について紹介した。
続いて、補修にかかる期間はどれくらいのものなのかという点について紹介する。

カビ

まずカビの補修にかかる期間についてだ。
単純にカビのクリーニングであれば、基本的には半日程度の期間で補修する事ができる。

水漏れ

続いて水漏れの補修にかかる期間についてだが、前述した方法のうちパッキンの交換程度であれば1〜2時間程度で終了する事がほとんどだ。

しかし、ひび割れなどが原因になる場合は補修期間も当然ながら長くなる。
コーキング剤による補修であれば約2時間程度で補修は完了するが、壁下地にも影響が出ているようなひび割れの場合であれば半日から2,3日の工事期間がかかることもある。

ひび割れ

ひび割れの補修を行う際の補修期間についてだ。

水漏れの補修時と同じくコーキング剤を使う方法もあるが、パネルの交換を伴うような大掛かりな補修方法となると、修理の依頼をしてから材料の手配なども必要となるため具体的に発注をかけてから1,2週間程度の期間がかかる場合もある。
実際の補修作業自体は2,3日程度と補修作業自体も比較的期間を要することになる。

これは、浴槽のひび割れも同様でパーツ自体を交換する場合は同様に上記程度の期間がかかる場合が多い。

変色

最後は変色してしまった壁を補修する期間についてだ。

薬品などを用いて補修するのにかかる期間としては比較的作業自体が簡単なため、1,2時間程度の作業で補修することができる。

しかし、壁や床のパネルを交換することになった場合、上記で紹介した通り作業に2,3日程度、材料の手配を含めると1,2週間程度かかることになる。

補修作業がリフォームとは違うため大抵の場合、その日のうちに完了してしまうようなものが多いが、部品自体を交換してしまうような工事の場合、数日程度の期間がかかる事がある。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

良い補修は補修業者選びから!良い補修業者の特徴

http://swgplumbinginc.com/

http://swgplumbinginc.com/

ここまでで、浴室に多いトラブルと、補修費用、補修にかかる期間について紹介した。
しかし、浴室のトラブルを綺麗に補修するためには良い業者選びが欠かせない。

続いて、良い補修業者の特徴を紹介する。

格安!だけを売りにしていない

良い業者の特徴として、値段の安さだけを売りにしていないという事があげられる。
もちろん値段が安いということは補修業者を選ぶために重要なポイントであることは間違いない。

しかし、値段の安さだけを売りにしている業者は技術が低い可能性があったり、値段の安さで客を集め、いろいろな理由をつけて値段を上げ、結果的に費用が高くなるということもある。

プロの目線で提案をしてくれる

つづいては、プロの目線でしっかりと提案してくれるかどうかという点も良い業者を見極めるための特徴の一つだと言える。

具体的には、ある場所の補修を依頼した際に、こちらが依頼したことだけをただこなすのではなく必要に応じて最適な方法を提案してくれるかどうかという点だ。

プロに補修を依頼するということは、素人では気づかない専門的な目線を取り入れるという点も目的であることは忘れてはいけない。

何にどれだけお金がかかるか明示してくれる

見積もり金額を明確に表示してくれるかどうかという点も良い業者の特徴である。

住宅の補修で意外と多いのは、補修にかかる金額がいくらくらいになるのかを明確に教えてくれないというケースだ。

このような業者は不要な料金を合わせて請求してくる可能性もあるため、総額だけではなく内訳もしっかり教えてくれる補修業者に依頼するようにしよう。

余計な勧誘ばかりしてこない

最後の特徴としては、補修に関係のない余計な勧誘をしてこないという点も重要である。

余計な勧誘とは、例えば補修の依頼をきっかけに、聞いてもいないリフォーム工事を提案してきたり、リフォームしなければ大変なことになるといったように不安を煽ってリフォームを契約させるようなものだ。

もちろん、本当にリフォームをしたほうが良いケースもあるため、一概に勧誘をしてくること自体がダメというわけではないが、余計な勧誘かそうでないかしっかり判断して依頼するようにしよう。

良い補修業者との出会い方

では、最後に上記の情報を元にして良い補修業者と出会うための方法について紹介する。

現在ではインターネットなどを活用すれば自宅に近い補修業者を探すことは比較的容易なことである。

しかし、インターネットの情報だけでは、必ずしも良い補修業者と出会えるかはわからない。

そこで活用していただきたいのがいくつかの補修業者に対して一括見積りをとる方法だ。

この方法であれば、適正価格での提案が期待でき、さらに通常料金よりも安く依頼することができる可能性もある。

もし、良い業者選びに不安がある方はこのような方法を利用してみるのも良いだろう。

浴槽トラブルは早期に解決!快適生活を取り戻そう!

今回の記事では、浴室の内装に多いトラブルについて徹底的に解説をしてきた。

湿度が高くなり、毎日使用する浴室は様々なトラブルが発生しやすい場所でもある。
毎日使うところであるからこそ、やはり綺麗な状態で保っておきたいものだ。

今回の記事を参考にしていただいて浴室のトラブルを早期に解決していただければ幸いである。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

【記事監修】  加賀原光太朗

7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより

補修無料見積り依頼/リペアスペース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【記事監修】  加賀原光太朗

7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより