窓交換工事にかかる費用と窓交換を行うメリット

断熱性や防音性などの住宅の快適性を高めたいとお考えではないだろうか?もしそうならば窓交換工事がピッタリだ。窓交換工事を行うことによって様々なメリットを得ることが可能だが、おそらくあなたが気にしているのは費用だろう。

窓をリフォームすることで快適性が高まるだけではなく、住宅の様々な問題が解決する。今回は窓リフォームを行うメリットと窓交換工事の費用、そしてDIYで窓交換工事ができるかどうかの疑問まで紹介しよう。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

窓リフォーム工事とは?

窓リフォーム工事とは?

窓リフォームとは、窓が失った機能性を回復させるために行う窓に関する工事のことだ。窓は毎日消耗される。

そのため長年使用することによって、本来持っていた機能性を失うことがあるのだ。機能性を失った窓は様々な問題を住宅にもたらす。

それを防ぐためにも窓リフォームを行うことが大切なのだ。窓リフォームは主に次の3つの工事に分類することができる。

 

窓交換工事 カバー工法・はつり工法

既存のサッシを取り除き、新たな窓を設置することを窓交換という。

窓交換工事は大きく分けて2つ。

1つ目は既存の窓サッシの上に新たな窓サッシをかぶせるカバー工法。もう1つは窓サッシごと取り換えるはつり工法だ。

サッシごと取り換えるはつり工法の方が大きなメリットを得ることができる。しかし窓周りの工事も必要となってくるため、費用がカバー工法よりもかかってしまう。カバー工法では既存のものにサッシを重ねるので窓の開口部が少し狭くなるというデメリットがある。

カバー工法、はつり工法どちらの工法を選択するにしても、既存の窓ものよりははるかに機能性が向上する。また断熱性サッシなどを選ぶとより高い効果を得ることができるのだ。もしあなたが集合住宅に住んでいるのならば、工事依頼を行う前に管理規約を確認する必要がある。

内窓設置工事

既存の窓の内側にもう1枚窓を設置して二重窓にすることを内窓設置工事という。

二重窓にすることで防犯性が高まるだけではなく、断熱性、防音性、気密性をも高めることができるのだ。内窓設置工事は窓交換工事と比較すると、簡単に行えるため費用も比較的安い。

内窓には1枚のガラスだけで構成される単板ガラスか複数のガラスで構成される複層ガラスを選ばなければいけない。複層ガラスの方が費用は高いが、パフォーマンスも高い。内窓設置はいいことばかりではなく、二重窓になったため掃除する手間がかかるというデメリットもある。

ガラス交換工事

既存のガラスと新しいガラスだけを交換する工事のことをガラス交換という。

ガラス交換工事は最も手軽に行えて、最も費用の掛からない工事だ。そのため複数の窓を交換するときにはガラス交換工事がいいだろう。

ガラス交換工事のメリットは場所に応じた機能性を持つガラスを選ぶことができるということだ。日が当たる場所には日射対策がされたガラスを取り付け、各個人の部屋の窓には防犯窓を取り付けることが可能だ。

ガラス交換だけ行われるため、サッシやレールの性能は向上しない。むしろ新たなガラスの重量が摩耗したサッシやレールにストレスをかけることもあるのだ。そのため古いレールやサッシの場合にはガラス交換ができない可能性もある。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

窓交換工事を行うメリット

窓交換工事を行うメリット

窓の役割は風通しを良くしたり、防犯性を高めたりするだけではない。窓にはあなたが思っている以上に多くの役割があるのだ。

室内で快適に過ごすためには、窓を見直すのが一番の近道と言っても過言ではない。

まずは窓交換を行うことによって得られるメリットを紹介しよう。メリットを知ることで、あなたの家が持つ問題も明らかになるかもしれない。

健康性を高めて快適な室内になる

あなたの住宅はじめじめとしている、結露がよく起きる、もしくはダニやカビが発生することはないだろうか?その根本的な原因は窓にあるかもしれない。

結露が室内で起きるのは、窓の温度影響を受けやすいという性質のためだ。外の冷たい空気が常に触れている窓に、室内の温かく水蒸気を含んだ空気が触れると空気中に存在する水蒸気が水滴となって窓に付着するのだ。

結露はダニやカビを発生させたり、室内の空気を悪くしたりしてしまう。対策として洗濯ものの部屋干しを避けたり、細目に換気をしたりする等があるが、根本的な原因である窓を交換することが一番の解決策だろう。

つまり断熱効果のある窓と交換することによって、窓が外部の気温に影響されることがなくなり、結果的に結露の発生を防ぐことが出来るのだ。

窓の断熱効果が上がれば室内環境も快適になる。夏は涼しく、冬は暖かい室内を作りたくないだろうか?窓交換を行うことによってそれが可能になる。室内にある熱の逃げ口は窓なのだ。窓がしっかりと機能せずに常に隙間がある状態ではもちろんだが、きちんと閉まっていた状態でも熱が逃げていくことがあるのだ。

室内で快適に過ごすために大切なのは室内温度だけではない。体感温度もまた重要なのだ。体感温度に影響を与えるものは、主に天井、窓、そして床の3つだ。その中でも窓は先に述べたように外の影響を受けやすい。

つまり夏にエアコンを入れても、窓が外の熱から影響を受けて、結果的に体感温度で熱く感じるということがあるのだ。冬はその逆が起きる。

しかし窓を断熱素材のものに交換する、2重窓にする、もしくは複層ガラスに交換することで外の気温の影響を受けづらい窓を手に入れることができ、結果的に室内で快適に過ごすことが可能となるのだ。

騒音対策・防犯対策になる

騒音は我々人間の大敵だと言っても過言ではない。騒音によってあなたは集中力を乱すだけではなく、無意識のうちにストレスをも感じているのだ。

音は主に窓から入ってくる。つまり窓の防音性を高めることによって、騒音フリーの快適な生活を送ることができるのだ。窓の防音性を高めるには、防音性の高い窓と既存の窓を交換、もしくは内窓を設置して二重窓構造をとるという手段もある。

全ての窓を防音性に変えるのは大変という方は、寝室や通りに面した窓ガラスだけでも防音性の窓と交換するのをおすすめする。

全ての人々が窓に求める条件に防犯性を挙げるだろう。ではあなたの窓は防犯性能が高いだろうか?

さて、窓に求める重要要素として忘れてはいけないのが防犯性だ。空き巣や強盗被害の70%が窓からの住宅侵入によるものだ。

空き巣などが住宅に侵入する手口はまず窓に小さな穴を開けるように割って、そこに手を入れクレセントを回すのだ。そうすることによって最小限の音で簡単に住宅に侵入することができる。

どうだろうか?普通の窓ならば簡単に侵入できるだろう。では防犯性の高い窓とはどんなものだろうか?それは二重窓であったり、なかなか割ることができないよう複層ガラスが使用されたものであったり、容易に回すことができないクレセントがついている窓である。

もしあなたの窓の防犯性能が低いのならば、窓交換工事を考慮した方がいいだろう。最低でも防犯性能が高いクレセントはつけておきたいものだ。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

窓交換工事の費用はどれくらい?

窓交換工事の費用はどれくらい?

窓交換工事を行いたいと思っている方は多いだろうが、大多数の人々が気にしているのが費用だろう。

窓交換工事の費用は窓の大きさ、リフォームの種類、新たに取り付ける窓の種類など様々な要素によって決定される。

ここからは窓交換工事にかかる費用の相場を詳しく紹介しよう。

しかし実際の工事費用とはズレが生じることもあるので、あくまでも参考として見ていただきたい。

 

窓の大きさ

まずは窓の大きさと面積について理解しなければいけない。何故なら窓交換の費用に大きな影響を与えるのは窓の大きさだからである。例えば洗面所の小さな窓とベランダの大きな窓を交換するのでは工事費用は大幅に変わってくる。

窓は大きさで3種類に分けることができる。

まずは最も小さい小窓だ。小窓の基本的な定義としては縦70㎝、横90㎝、面積は0.63㎡以内である。小窓はトイレや廊下の窓に使用されることが多い。

次に大きいのが中窓である。中窓は縦120㎝、横170㎝、面積2.04㎡以内である。これが最も一般的な窓である。そして最も大きいのが大窓だ。大窓は縦180㎝、横170㎝、面積3.06㎡である。大窓が使用されるのは主にベランダ窓やテラス窓だ。

これらの窓の定義は業者によって少し異なってくる。窓が大きければ大きいほど、値段は高くなってくる。

窓ガラスの値段

窓交換工事の値段で窓のサイズの他に大きな影響となるのは窓ガラスの種類だ。断熱性なのか、防音性なのか、それとも遮光性なのか種類によって値段は大きく変わってくる。ガラス種類の主な相場は以下の通りだ。

・スタンダードガラス(特別な性能がない一般的なガラス)
小窓 約3.5万円~6万円
中窓 約4~6.5万円
大窓 約6~10万円

・遮熱ガラス
小窓 約4~7万円
中窓 約5~8万円
大窓 約7~12万円

・防犯ガラス
小窓 約4.5~8万円
中窓 約5.5~8.8万円
大窓 約8~13万円

窓交換工事

ガラスだけではなく、サッシをも交換する窓交換は費用が最も高いが、その分高い機能性を得ることができる。窓交換にかかる主な費用の相場は以下の通りだ。

・小窓 約5~8万円
・中窓 約8~10万円
・大窓 約10~13万円

これは窓1つの交換費用である。もちろん断熱窓・断熱サッシ、防犯窓など機能性の高いものを選ぶと値段は高くなってくる。

内窓設置工事

既存の窓の内側に新たな窓を設置する内窓設置では、窓交換と比較すると少しだけコストは安くなる。基本的な相場は以下の通りだ。

・小窓 約3万~5万円
・中窓 約5万~8万円
・大窓 約8万~11万円

ガラス交換工事

既存のガラスを新たなものと取り換えるガラス交換は最もリーズナブルな工事だ。ガラス交換工事の基本的な相場は以下の通り。

・小窓 約2万~5万円
・中窓 約4万~7万円
・大窓 約6~9万円

ガラス交換工事はガラスの性能によって値段が大幅に変わってくる。基本的にはどの工事を行う際にも、業者とよく相談して工事計画を立てなければいけない。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

窓のガラス種類

窓のガラス種類

窓には数種類のガラスがある。ガラスの種類によって断熱性、遮熱性、防犯性などの性能が異なる。

窓のガラスを選定する時は、窓交換工事を行う部屋の環境や家全体の環境によって変わる。

どのみち既存の窓以上の性能を選ぶのが必須だ。ここでは、ガラスの種類について詳しくご紹介しよう。

 

型板ガラス

型板ガラスは、ガラスの片面に凹凸模様が入り光を通しながらも視線を遮る仕様のガラスだ。一般的に視線を遮りたい洗面所や浴室、隣家に近い窓などの部屋に設ける。

単一ガラスや複層ガラスにもガラス表面を型模様にした仕様にすることができる。

そのため複層ガラスなどで型ガラスにしたい場合は、複層ガラスの型ガラス設定と具体的に伝えていかなければならない。

単一ガラスなどの表面が透明のガラスに比べて視界を遮りプライバシーの確保ができるガラスだが、日射透過率は変わらない。

 

網入りガラス

網入りガラスは、ガラス内にワイヤーを入れたガラスだ。ガラス内のワイヤーが割れたガラスを支え飛散防止となる。また、火災による火の侵入を防ぎ開口部からの火の延焼を防ぐ効果がある。

ガラス内に入るワイヤーは、それぞれ模様の種類がありヒシワイヤ、クロスワイヤなどがある。網入りガラスの設置は、建築基準法の消防法に定められた地域「防火地域」「準防火地域」となる。

 

強化ガラス

強化ガラスは普通のガラスを熱処理し急激に冷却して作られるガラスだ。ガラスが軟らかくなるまで加熱し、その後に急冷することでガラス表面の内部より先に固まる。表面の圧縮応力層と内部の引張応力層がつり合い通常のガラスよりも約3~4倍の強度を持たせることができる。

強化ガラスの見た目は普通のガラスと変わらないが、ガラスの割れ方に特徴がある。通常のガラスは割れると破片となって割れるが、強化ガラスは粉々に割れる。そのためガラスが割れても手を切る心配が少ない。ガラスの強度は上がるが、防犯性が高くなるわけではなく、通常のガラスに比べて費用は高くなる。

 

複層ガラス

複層ガラスは2枚のガラスの間に空気層を設けて断熱性能を高めたガラスだ。乾燥した空気が入る中空層は通常6mmと12mmの厚さがある。12mmの中空層の方が断熱性に優れているが、それより中空層が厚くなっても空気の対流が生じるので断熱性能に変化はない。

また、遮熱性能も中空層の厚さの違いで変化はほとんどない。複層ガラスの費用は通常のガラスに比べて高くなる。現在では、LOW-Eガラスが一般的だが、その前のガラスは複層ガラスが多く普及していた。複層ガラスの方がLOW-Eガラスに比べて費用が安価なため現在でも採用されているガラスだ。

 

LOW-Eガラス

LOW-Eガラスは複層ガラスの構造を持ちながらガラス内部に特殊な金属膜を設けたガラスだ。ガラス内部に特殊な金属膜を設けることで熱の伝達を抑え、複層ガラスに比べて断熱性が高くなっている。

LOW-Eガラスは種類があり、ガラス内部に設けた金属膜の向きによって断熱性と遮熱性の違いがでる。室内側に金属膜を設けたガラスを遮熱高断熱複層ガラス、室外側に金属膜を設けたガラスが高遮熱ガラスとなる。また、中空層にアルゴンガスを入れたLOW-Eガラスもあり、こちらのガラスの方が断熱性能が高い。

 

窓に関係する付帯工事

窓に関係する付帯工事

窓の工事はそれぞれ付帯してくる工事がある。ガラスを抑えるビートや窓まわりの窓枠、窓のクレセント(鍵)交換も窓の工事に入る。はつり工法で窓交換工事を行う場合は、窓枠の交換が必須だ。

ここでは、窓交換工事に付帯する工事についてご紹介していきたい。

 

窓のビートやグレチャンの交換工事と部材の違い

https://amzn.to/313fk3N

https://amzn.to/313fk3N

サッシは、ガラスを抑えるためにビートと呼ばれるヒモ状になったゴムをガラスの表側と裏側に差し込んでいる。板ガラスや型ガラスの厚さが薄いガラスにビートは使われている。

また、グレチャンと呼ばれる部材でガラス四方を囲いサッシに納めているものもある。

グレチャンはコの字型になっており、凹部のところにガラスを差し込みサッシに納める。ビートもグレチャンも交換は可能だ。しかし、それぞれ交換方法は多少異なる。まず、ビートはガラスの表側と裏側に差し込まれているためサッシ枠を外すことで既存のビートを外すことができる。外した後は新しいビートを差し込み、サッシ枠を戻せば完了となる。

グレチャンの場合はガラス四方にははめ込まれているためガラスを一度外す必要がある。サッシ枠を外しガラスだけにすると、ガラス四方に既存のグレチャンが付いているためこれを外す。その後に新しいグレチャンを取り付けてサッシ枠を戻し完了となる。

サッシ枠からガラスを外すためグレチャンの方がビートに比べて交換する手間は多くなるが、ガラスがしっかりと固定できるのがグレチャンだ。また、ビートはグレチャンに比べて耐久性が低く劣化すると硬くなり溝から浮き上がってくる。ビートやグレチャンを交換するときは、ガラス厚を確認し適した部材を選ばなければならないので注意していただきたい。

 

窓のクレセント(鍵)交換工事

https://amzn.to/2WfTStw

https://amzn.to/2WfTStw

窓の鍵は一般的にクレセント呼ばれている。このクレセントも交換可能だが、既存のサッシに適したクレセントを選ばなければならない。既存のサッシに適したクレセントを探すのに一番簡単な方法は既存のクレセントと同じ型番のものを見つけることだ。同じ型番のクレセントならサイズが一緒のため問題なく取り付けることができる。

しかし、年数が経っているサッシの場合はクレセントが廃盤となっている可能性がある。この場合は、代替えとなるクレセントを探す必要がある。交換するクレセントを選ぶ場合は、既存のクレセントの取り付けるビス穴ピッチやクレセントの引き寄せ幅、クレセントの高さを測る必要がある。

これらの長さを測り適したクレセントを選ぶことで新しいクレセントにすることができる。クレセントの交換方法は、既存のクレセントのビスを取り外す。ここで注意していただきたいのがサッシ内側にクレセントを止める板が付いているということだ。

一度にクレセントのビスを外してしまうと板が落ちてしまい元に戻すのが困難になる。そのため、両方のビスを緩め1本のビスを外したら新しいクレセントをビス穴に当てて軽く固定する。その後に残りの1本のビスと既存のクレセントを外し新しいクレセントをビス穴に当てて仮固定する。

仕上げにクレセントのかけ金が合うように調節をして適した位置に合ったら固定し完了となる。

 

窓枠交換工事

https://amzn.to/2Z01A7Z

https://amzn.to/2Z01A7Z

はつり工法で窓交換工事を行うと室内の窓枠も交換をする必要がある。既存のサッシを外す時は既存の窓枠を外す必要があり、内壁も傷がつく。そのためサッシを交換する部屋は内装クロスの貼り替えと窓枠を交換する必要があるのだ。

窓枠は木を加工して作ったものやMDFに化粧シートを貼った既製品のものがある。現在ではMDFの化粧シートを貼った窓枠が多く普及している。また、リフォームに適した窓枠があり、これはコの字型になった形状をしており既存の窓枠にかぶせることで簡単に窓枠のイメージを替えることができる。

 

窓交換工事はDIYで出来るの?

窓交換工事はDIYで出来るの?

業者に依頼したときの窓交換工事費用を紹介したが、決して安くはない。そのためDIYでの窓交換を考える人もいるだろう。

DIYで窓交換工事を行うことができないということはないが、あまりおすすめは出来ない。

窓交換工事はあなたが思っている以上に複雑で繊細なものだ。適切な窓選びから、窓の取り外し・取り付けという一連の流れを自分で行うには難しすぎる。

そのため当サイトでは絶対に窓交換は業者に依頼するのをおすすめする。

今回は自分でもできるガラス交換工事の手順を紹介する。自分で交換したい方は以下の手順を参考に行っていただきたい。また大窓交換、サッシ交換を含む窓交換はガラス破損のリスクが非常に高い、且つサッシは防水加工が必要なため絶対に自分で行ってはいけない。

DIY窓交換工事手順①:既存の窓の採寸

まずは既存の窓の採寸を正確に行う必要がある。正確な採寸を行った後に、新たに設置する窓を購入しなければいけない。窓の採寸を行う際にはメジャーを使用しよう。採寸を行うときにはフレームの長さを入れる必要はない。つまりガラスの大きさだけを計測するのだ。

まずはメジャーを使用して窓の高さを採寸する。メジャーを垂直にして、窓の左右の端、そして窓の真ん中の高さを測る。

次に窓の横の長さを採寸する。メジャーを水平に窓に当てて、窓の上下、そして真ん中の横の長さを測る。最後に測るのが窓の奥行だ。窓の奥行はメジャーを折り曲げることで正確に測ることが可能だ。

窓の採寸を終えたら、そのサイズに適したものを選ばなければいけない。小さすぎたり、大きすぎたりすると新たな窓を設置することは不可能になる。

実際に多くの方が窓の採寸で失敗をしているので、ここは慎重になって行うべきだ。

DIY窓交換工事手順②:サッシ、ガラスを外す

新たなガラスを購入して、ガラス交換の準備が出来たらまずはサッシを取り外す。サッシを取り外すときは両端をしっかりと持ち、サッシを上に押し上げる。そして下から抜くようにしてサッシを外すのだ。

サッシを外すと次はガラスを取り外さないといけない。まずはサッシについているビス(ネジ)をドライバーで取り外す。そしてサッシを丁寧に取り外していくのだ。

もしも既存のガラスが単板ガラスなら安全性のために必ず手袋を着用しなければいけない。単板ガラスにはゴムが周囲についておらず指を切る可能性があるからだ。

DIY窓交換工事手順③:ガラスをサッシに取り付ける

既存のガラスを取り外したら、新たなものをサッシに取り付ける。ゴムで周りが覆われている断熱ガラス等ならば問題ないが、単板ガラスのようにゴムで覆いがないものをつける時は必ず手袋を着用しよう。

ガラスをサッシに取り付けたら、軽く上からガラスをたたいて押し込む。サッシをすべて取り付けた後も、上からだけではなく、横からも軽くサッシを叩いてしっかりとガラスをはめ込むことが大切だ。

DIY窓交換工事手順④:サッシを窓に取り付ける

ガラスをサッシに設置したら、取り外したビスを再びサッシに取り付ける。そしてサッシを窓に取り付けるのだ。サッシを窓に取り付ける手順は、取り外しの時とは逆で、まず上からはめ込み、そして下をはめ込む。これでガラス交換は完了だ。

 

窓工事の補助金制度

窓工事の補助金制度

窓の工事を行うと国の補助金が受けられる制度がある。高性能建材による住宅の断熱リフォーム推進事業などがあり、補助金交付の条件に適合した工事と製品を使用することで補助金を受けられる。

補助金制度は各年度によって補助金額や工事条件が変わるので利用する年度ごとに確認していただきたい。今まで窓工事の補助金は、ガラスの交換、窓の交換、内窓の設置がある。家の断熱性能を高めたい方や結露で困っている方は、窓工事の補助金を利用することをおすすめしたい。

 

まとめ

窓交換工事にかかる費用は安くはない。しかし自分で行うよりも確実に失敗がなく、安全に行うことができるので窓交換工事は業者に依頼するべきである。DIYでガラス交換をする際には必ず既存のサイズと同じものを選ぶことに注意していただきたい。多くの方がガラス購入の段階で失敗していることを忘れてはいけない

DIYで窓交換を行うことを考える方も、一度は業者の無料見積もりを行って頂きたい。あなたにぴったりの費用を提供してくれる業者を見つけることができるかもしれないからだ。当サイトでは経験と信頼ある業者の複数無料見積もりを行うことができる。

ぜひ当サイトのサービスを活用して、まずは業者の無料見積もり比較を行ってみて欲しい。それからDIYでの交換を考えても遅くはないだろう。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

【記事監修】  加賀原光太朗

7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより

補修無料見積り依頼/リペアスペース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【記事監修】  加賀原光太朗

7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより