クロス壁の穴を完全補修!アパート、マンション、戸建て住宅編

戸建て住宅、賃貸アパート、マンションの壁というのは、思った以上に薄くもろいものである。家具の移動時や、八つ当たりのグーパンチで簡単に穴が空いてしまうことも良くあるほどだ。

そのまま放っておくと見た目の問題はもちろんのこと、賃貸の場合はいざ退去という時に、管理会社より莫大なリフォーム費用を請求されてしまう。

また、防音性の低下によるプライバシーの筒抜けや、断熱性能の低下による住環境への影響も大きい。

よって、壁に穴が空いた場合は即座に元の状態に直すことが望ましい。しかし、自分で直すにしても、それなりの技術が必要であるし、補修業者に修復してもらう場合も、業者選びには慎重にならなければならない。

今回の記事ではこのような問題を解決するためのコンテンツを提供したい。

最初に、当サイトのリペア職人による作業風景をご覧頂きたい。

動画に続き、内容を紹介しているので参考にしてほしい。

クロス壁の穴補修/リペア前

クロス壁の穴補修/リペア前

一般的な戸建て住宅の壁の穴。下地は石膏ボードでクロス仕上げ。

中央壁に凹みによる穴が空いているのがわかる。

クロス壁の補修/ステップ1

クロス壁の補修/ステップ1

穴の周囲のクロスにカッターで切れ目を入れる。

クロス壁の補修/ステップ2

クロス壁の補修/ステップ2

カッターを入れた部分のクロスを剥がし、固定しておく。

クロス壁の補修/ステップ3

クロス壁の補修/ステップ3

下地の穴を確認し、これ以上動かないよう接着剤で固める。

クロス壁の補修/ステップ4

クロス壁の補修/ステップ4

下地の穴の部分をパテで埋める。

クロス壁の補修/ステップ5

クロス壁の補修/ステップ5

慣らしたパテをサンドペーパーなどでより平坦にし、下地の補修は完了。続いて剥がしたクロスを戻す。

クロス壁の補修/ステップ6

クロス壁の補修/ステップ6

これで穴の修復は完了。続いて。。

クロス壁の補修/ステップ8

クロス壁の補修/ステップ8

剥がしたクロスに壁紙用接着糊を付ける。

クロス壁の補修/ステップ9

クロス壁の補修/ステップ9

クロスを元の位置に貼り直すし、ローラーでシワを取る。

クロス壁の補修/ステップ10

クロス壁の補修/ステップ10

細かい隙間や傷はパテで補修する。

クロス壁の補修/ステップ11

クロス壁の補修/ステップ11

完成!

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

マンション、アパートの壁の構造について

マンション、アパートの壁の構造について

日本の戸建て住宅、マンション、アパートの壁は、規則的な間隔で並んだ木材(間柱や柱)に、石膏ボードを下地として張り、仕上げ材を施工している場合が多い。

石膏ボードとは、石膏を主な材料とした建材で、両面を特殊な板紙で覆ってあるものである。石膏ボードの厚さは、その建築物の耐火基準により異なるが、一般的な住宅では9.5mmや12.5mmのものが多く使われている。

防音や防火のために、耐火性能などを強化した石膏ボードを2重に貼る場合もある。

出典http://yoshino-gypsum.com

『石膏ボードの壁の仕組み』http://yoshino-gypsum.com

柱と柱の間については、共同住宅の界壁にはグラスウールなどの遮音素材が充填されている場合もあるが、賃貸物件や戸建て住宅の内壁では、柱間の壁の中は空洞であることが多い。柱のある分、隣の部屋とは間隔があいているということなので、壁に穴を開けても隣の部屋まで貫通することはほぼないだろう。

だが、遮蔽物が少なくなるので、ただでさえ筒抜けの生活音や話し声などが余計伝わりやすくなったりする。隣人との騒音トラブルを避けるためにも、壁に開いた穴は早急に修理すべきである。

 

石膏ボードは横からの力に予想以上にもろい事実。。

石膏ボードは横からの力に予想以上にもろい事実

石膏ボードは火に強い。安価で使いやすく、壁材に向いている材質なので、住宅の室内では石膏ボードを使用している壁が多い。

壁はベニヤ板のイメージが強いかもしれないが、ほとんどが石膏ボードであると言っていいだろう。湿気に弱いという特性もあるので、水周りの壁には防水性の高いものが用いられる。

石膏ボードがどんなものか想像しにくい場合は、骨折した場合に固定するギブスをイメージしてもらうとわかりやすいだろう。それなりの厚みがあれば壊れにくいが、壁に使われる石膏ボードは厚さが1cm前後で、とても厚いとは言えない。

もちろん、壁に使われていることから、タテにかかる力には強く、断熱性や耐火性に優れ、伸縮しにくいというメリットもある。しかし、粉状の材料を固めたものであることから、尖ったものなどによる衝撃には極めて弱いということを理解しておくべきである。

今住んでいる部屋の壁が石膏ボードかどうかは、目立たない場所で少し画鋲などを刺してみるとわかるだろう。あまり力を入れずに刺すことができるが、画鋲の効きも悪いはずだ。ただし、画鋲穴も修繕する必要が出る可能性があるので、ごく軽く目立たないところで行うなど、十分留意してほしい。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

賃貸マンション・アパートを退去する時にかかる費用と目安は?

 

原状回復について把握する

アパートやマンションなど賃貸物件を退去する時には、原状回復をしてできるだけ元の状態にする必要がある。賃貸物件の契約書にも明記されているはずだ。

この原状回復義務、しっかり把握しておきたい。

原状回復とは、その部屋を借りて住んでいた人が、部屋の壁や天井、床などに傷をつけてしまったり、穴を開けてしまったり、破損させてしまった場合、退去する時に回復させることだ。多くは、回復復旧にかかる費用を負担することになる。

ただし、原状回復と言っても、入居時とまったく同じ状態にする必要はなく、ふつうに生活していて避けられない汚れや摩耗は、住んでいた人の責任にはならない。つまり原状回復義務はないのだ。

しかし、どこまでが原状回復義務に含まれるのかが人によってあいまいなことが多いため、退去時の原状回復に対するトラブルは多いのである。

原状回復義務があるかどうかは、国土交通省による「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」が参考になるだろう。

zukachi

参照:国土交通省原状回復をめぐるトラブルとガイドライン

上の表は退去時の建物の価値の変化と回復状況をA、B、Gでそれぞれ示している。

A:賃借人が通常の住まい方、使い方をしていても、発生すると考えられるもの

B:賃借人の住まい方、使い方次第で発生したり、しなかったりすると考えられるもの(明らかに通常の使用等による結果とは言えないもの)

A+B:基本的にはAであるが、その後の手入れ等賃借人の管理が悪く、損耗等が発生または拡大したと考えられるもの

A+G:基本的にはAであるが、建物価値を増大させる要素が含まれているもの

このうち、B及びA+Bについては賃借人に原状回復義務があるとしているのだ。

ただ、あくまでもガイドラインであるので、大家や不動産会社の定めた範囲や契約時の内容が優先されるが、基本的に経年変化や通常の使用による損耗等の修繕費用は、住んでいた人の負担にはならないと言える。

具体例をあげると、画びょうやピンなどによる壁の小さな穴は構わないが、ネジやクギ、S字フックなどによる穴はNGになる場合が多い。

敷金について

敷金は、基本的にアパートを借りる時に、家賃の1ヶ月分〜2ヶ月分(ペット飼育の場合は3ヶ月分など)を契約金と一緒に支払う金額のことである。最近は敷金0円の物件や、退去時の修繕費が決められていて、それを事前に支払う場合もある。退去時に、返金される保証金のような性質のものだ。

敷金は、退去時の原状回復費用に充てられ、その費用分を抜いた金額が返金される。もちろん、敷金すべてが退去時の修繕費にあてられるわけではなく、住んでいる人の過失による破損などにのみ利用されるものである。つまり、通常の範囲内で使用していた経年劣化などの補修費用については、敷金は適用されず、大家などの賃貸人が負担するものである。

しかし、壁に穴を開けてしまった場合は、住んでいた人の責任になる可能性が高いので、修繕費を敷金から引かれることになるだろう。破損が大きく修繕費がかかった場合は、敷金が戻ってこないばかりか、過剰分を負担しなくてはならなくなることもある。

修繕費として契約時に支払っている場合は、そのすべてが修繕費として使われるので、きれいに使っていてもそのお金は戻ってこない。ただ、壁に穴を開けるなどの過失があった場合は、さらに修繕費を支払わなければならない。

 

火災保険活用による自己負担の軽減について

マンションやアパートを借りる場合、契約しなければならないのが火災保険だ。その名の通り火災が発生してしまった場合の保証を保険会社が行ってくれるものなのだが、実は今回のような原状回復にも活用できる場合がある。

一般的な「家財保険」に加えて、「借家人賠償責任保険」に加入している場合は、原状回復の費用に保険を充当することができる。

もちろん、契約している保険の内容によっては適用外であることもあるが、故意、過失による損傷でなければ補修費用に対して保険金が下りる可能性は高い。

適用されるかされないかは一度保険会社に連絡して、損傷の状況を詳しく説明して確認するのが良いだろう。被保険者の当然の権利なので、補修費用を極力軽減するためのにも、ぜひ活用しよう。

 

退去時の立会も重要

アパートやマンションなどの賃貸物件から退去する時には、大家や不動産管理会社のスタッフなど、賃貸人側と一緒に立会をして、穴や傷がないかお互いに確認し合う。入居する前からあった傷や穴は、住んでいる人の負担にはならないが、自分がつけたものに対しては責任が出てくる。

そのため、入居前にあった目立つ傷や穴は、写真を撮っておいたり、チェックリストに記入しておいたりするといいだろう。引越しの荷物を入れる前に、確認して写真など記録を残しておく。

もし、自分の過失による壁の穴で修繕が必要になった場合、不動産管理会社や大家によって業者に依頼することになる。そして、後日かかった修繕費を引いた敷金が返還されることになるが、実際にどの範囲を補修し、どれくらい費用がかかったかは、賃貸人側からの連絡で知るほかはない。

大家や不動産管理会社のいいなりで、相場よりも高い修繕費用を請求されないように、修繕費の相場を知っておこう。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

壁の穴の修理・補修を業者に依頼する場合

壁の穴の修理・補修を業者に依頼する場合について、紹介していこう。修理費用の相場などを把握して、賃貸人側の言いなりになることがないようにした。

 

業者に依頼した場合の修理代/補修費用の相場

業者に依頼した場合の修理代/補修費用の相場

壁の穴の修理を業者に依頼した場合の料金の相場をご紹介する。

壁の穴の修理費は、穴の大きさにもよるが、もっとも多いと思われるこぶし大の大きさの穴なら、3万円〜が相場になる。

大きな穴が複数開いている場合でも、5万円前後が妥当と言える。よほどのことがなければ、10万円を超えるような金額にはならないだろう。

また、クギやネジなどの穴が目立つ場合も、修理を依頼することができる。

その場合の修理費は、1ヶ所10,000円〜程度になる。しかし、そういった小さな穴なら、自分で修理することも簡単にできるので、チャレンジしてみるといいだろう。

壁の穴の修理を業者に依頼する場合は、リフォーム業者よりも、部分的な修理を得意とするリペア業者を選ぶといいだろう。その中でも、壁の修理が豊富な業者なら、いろいろな状況に応じた対処をしてくれるので安心してまかせることができるはずだ。

 

業者に修理を依頼する場合の注意点

業者に修理を依頼する場合の注意点

・大家や不動産管理会社に相談、修理の提案をする。

本来、壁穴の修理などは、部屋を借りている人が勝手に行うことはできず、大家や不動産会社に連絡しなければならない。

できるだけ費用を抑えて納得できる料金で修理してもらいたいなら、自分で手配したいと申し出るといいだろう。

自分で勝手に業者に依頼してしまうと、その後にトラブルになる場合もある。せっかく修繕しても、再度修繕費用を請求されかねないし、修理に不具合があった場合には、損傷が大きくなってしまう。

業者の出入りがあれば、近隣にはわかるだろうし、大家が近所に住んでいる場合など、こそこそと修理しなければならなくなる。

・隣の部屋に迷惑がかからないようにする。

壁の穴の修理をすることで、多少の騒音が発生することも懸念しなければならない。

また、壁に穴を開けた際の音も、隣の部屋には聞こえている可能性が高いので、ふだんから隣人と友好な関係を築いていたほうがいいだろう。

・壁紙が必要な場合も

壁に開いた穴を修理するには、その部分の壁紙の補修もしなければならない場合もある。壁に穴が開いただけで、壁紙が残っていればそれを利用することもできるが、壁紙が大きく破損して、既存のものが使えない場合には、業者に同じ壁紙を用意してもらわなくてはならない。壁紙の貼り替えは、1㎡あたり1000円前後が相場なので、その費用も考慮すべきである。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

自分でできる対処法/壁の穴をDIYで修理する方法

では、自分でできる対処法は、あるだろうか。

自分で壁の穴を修理することも可能だ。

 

画鋲のあとなど小さな穴の補修

画鋲のあとなど小さな穴の補修

小さな穴なら自分でも修理が簡単で、安価で済ますことができる。

画びょうなど極小さな穴であれば、原状回復の義務はないことが多いだろう。しかし、暮らしの中でクロスの穴は以外と目立つものなので、簡単な修繕方法を知っておくといいだろう。クロス修繕の木工用ボンドやティッシュを埋め込んで、壁紙をならして自然になじませるだけでも目立たなくなる。

クギなどの画鋲より大きな穴なら、修繕用のパテや接着剤で穴を埋め、壁紙クロスを貼る。

コンセントを外した部分に、余白の壁紙が余っていることがあるので、小さい穴ならそれだけで充分である。費用は、壁紙や接着剤、壁紙ローラーなどで1000円前後で済むだろう。

 

こぶし大以上の大きめの穴を修理する

それなりに大きさのある穴なら、材料を用意して、修理の手順を知っておく必要がある。

こぶし大以上のそれなりに大きさのある穴なら、材料を用意して、修理の手順を知っておく必要がある。

 

*用意するもの

・石膏ボード用穴埋めパテ

・壁紙ローラー

・カッター

・サンドペーパー

・リペアシートなど穴を塞ぐ下地シート

・壁紙の予備など

https://amzn.to/35RsBik

https://amzn.to/35RsBik

https://amzn.to/32um0Im

https://amzn.to/32um0Im

https://amzn.to/35UHT5F

https://amzn.to/35UHT5F

*修理の手順

こちらは、壁の穴の補修の講習の様子だ。ぜひ参考にしてほしい。

kabe1

壁の穴補修:作業前の状況

壁の穴補修:手順1

壁の穴補修:手順1

手順1

予め、対象となる壁と同じ厚さの石膏ボートを準備する。大きさは穴を覆いかぶすことができるよう、穴の部分よりも一回り大きいサイズを準備する。

この準備した石膏ボードよりも5センチほど外側の領域をマスキングテープで印を付ける。

壁の穴補修:手順2

壁の穴補修:手順2

手順2

マスキングテープの印を目安にカッターでクロスに切れ目を入れる。この際に石膏ボードまでカットしないように注意する。

壁の穴補修:手順3

壁の穴補修:手順3

手順3
切れ目にそって、破れないように丁寧にクロスを剥がしていく。

壁の穴補修:手順4

壁の穴補修:手順4

手順4

先程の石膏ボードを、穴を覆いかぶす位置にあてて、その周囲をカッターで切り、下地の石膏ボードを取る。

壁の穴補修:手順5

壁の穴補修:手順5

手順5
カッターで切り取ったボードを取り出す。

壁の穴補修:手順6

壁の穴補修:手順6

手順6

穴を塞ぐ新たに準備した石膏ボードの下地となる木材を設置する。ビスで止める。

壁の穴補修:手順7

壁の穴補修:手順7

手順7

同じように2箇所程度設置し、新たな石膏ボードを固定できるよう準備する。

壁の穴補修:手順8

壁の穴補修:手順8

手順8

穴を塞ぐ新たな石膏ボードをはめ込み、ビスで下地に止める。

壁の穴補修:手順9

壁の穴補修:手順9

手順9
パテの準備をする。

壁の穴補修:手順10

壁の穴補修:手順10

手順10

パテ使って、石膏ボードの継ぎ目やビス頭を塞ぎ、塞いだ部分を平らにしていく。

壁の穴補修:手順11

壁の穴補修:手順11

手順11
ドライヤーを使い早く乾かしてできるだけ平らにしていく。

壁の穴補修:手順12

壁の穴補修:手順12

手順12
クロスを剥がした部分に糊をつける。

壁の穴補修:手順13

壁の穴補修:手順13

手順13

元に戻すクロスを湿らせて絞ったスポンジで撫でつけ、シワ防止のために水分を含ませる。

壁の穴補修:手順14

壁の穴補修:手順14

手順14

壁紙ローラーで、貼り付けたクロスのシワや継ぎ目を伸ばしていく。

壁の穴補修:手順15

壁の穴補修:手順15

手順15
最後に穴の空いたクロス部分を筆で描いて周囲の模様と馴染ませる。

壁の穴補修:作業前

壁の穴補修:作業前

壁の穴補修:作業後

壁の穴補修:作業後

また、次の手順で補修することもできる。

1.壁紙が無事なら、できるだけそのままの状態で保存しておく。

2.穴の部分にリペアシートを貼って、水で溶いたパテを塗って埋める。

3.パテが乾いたら、サンドペーパーで表面を平らになめらかにしておく。

4.パテで穴がふさがって固まったら、壁紙を元通りになるように貼る。
(元の壁紙が無事ならそのまま利用し、壁紙が足りないようなら同じものを購入して新しく貼る)5.ローラーなどを利用して壁紙の境目を目立たなくさせれば完成。

5.壁紙ローラーなどを利用して壁紙の境目を目立たなくさせれば完成。

*費用は材料や道具などで2000円〜5000円程度になる。

リペア技術を学ぶなら→7種類のリペア技法無料メール講座

 

終わりに

壁の穴の修理は、思ったよりも安価で簡単にできることがおわかり頂けたと思う。実際に、自分で修理してきれいに直している人も多く、ネット上でもその成功例をたくさん見ることができる。また、業者に依頼する場合でもそれほど費用はかからず、安心して任せることができるだろう。

多くの不動産屋や大家は良心的で常識的な費用を請求すると思われるが、内訳を知らないことには安心できないし、自分の過失以外の部分も請求されてしまう危険性もある。

壁に穴を開けてしまったら、不安になってあれこれ心配してしまうことだろう。だが、修理の相場を知り、優良な業者に依頼することでその心配は安心に変わるだろう。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

【記事監修】  加賀原光太朗

7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより

補修無料見積り依頼/リペアスペース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【記事監修】  加賀原光太朗

7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより