大阪でフローリング補修をする時に知っておきたい3つのポイント

大阪は、西日本の経済や文化の中心であり、人口密度も東京に次いで高く、繁華街として有名である。
東京に引けを取らないほどの都会でありながら、家賃や物価が安く住みやすいため、西日本で上京を考えている人が移り住むことも多い。
今回は、大阪に住む人がフローリングの補修をする際に、気を付けるべきポイントについてご紹介させて頂こう。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

大阪の気候とフローリングの関係

大阪は、瀬戸内海式気候と呼ばれる気候区分に属しており、年間を通して温暖な気候である。
比較的、降雨量や降雪量が少ないが、夏の気温や湿度は非常に高く、熱帯夜や真夏日が続き寝苦しい夜が続くことも多い。
特に、8月の平均気温は全国で見てももっとも高く、狭い面積の中で都市化が進んでいることもあわせて、ヒートアイランド現象により夜間の気温も下がりにくくなっている。
そのため、大阪で快適に暮らすためには、夏場の暑さを軽減させるような処置が有効になるだろう。

大阪の賃貸物件について

Close up of lease agreement empty document with pen

Close up of lease agreement empty document with pen

関西の賃貸物件の特徴として、「保証金」や「敷引き」という契約制度がある。
関東の場合は、賃貸物件を契約する際に敷金や礼金を支払い、退去時に発生した原状回復費用や清掃代金を敷金から差し引き、残りは借主に返還するというシステムが主流である。
最近では、敷金・礼金なしの物件も増えてきており、入居時にかかる費用は安く済ませて、退去時に修復費を後払いするパターンもある。
また、退去時に支払うべき費用があらかじめ決められているところもあり、賃貸物件につきものの「原状回復にまつわるトラブル」は減少傾向にあるといえる。

関西の賃貸物件は、契約時に家賃3ヶ月~6ヶ月程度の「保証金」を支払い、退去時には「敷引き」として家賃の1ヶ月~3ヶ月程度が引かれ、さらに原状回復費用も引かれる場合がある。
原状回復費用が「敷引き」に含まれている場合もあるが、このシステムにより、関西での賃貸物件は契約時にかかる費用が高く、退去時に戻ってくる金額も少な目になるという問題がある。
ただ、最近では「保証金」や「敷引き」のある物件は減ってきており、関東と同様の敷金・礼金システムを取り入れているところも多い。
しかし、こういった慣習を知らないまま賃貸契約を交わし、退去時に原状回復費用でトラブルになることがあるので、契約内容と原状回復のガイドラインをしっかり理解しておく必要がある。

賃貸物件のフローリングの補修

出典:http://www.averageinspired.com/

出典:http://www.averageinspired.com/

賃貸物件の原状回復費用というのは、経年劣化や通常の使用による自然損耗などは、借主の負担にはならないとされている。
しかし、どこからどこまでがそれに含まれるのかはあいまいなので、トラブルに発展しやすい。
フローリングは家具の移動や椅子を引いただけでもキズがつくこともあるので、トラブルを避けるためにもできるだけ慎重に扱うべきといえる。

通常は、退去時に大家や不動産会社と借主が立ち合いをして、キズや汚れがないか確認し、貸主と借主のどちらの負担になるかを決めていく。
借主の過失による損耗は借主の負担になるが、どのくらいの費用がかかるのか事前に把握できていないと法外な修繕費を請求されかねない。
まずは、大阪府が作成している「賃貸住宅の原状回復トラブルを防止するために」(大阪府版ガイドライン)を参照して頂きたい。
本来は不動産会社側が業者に依頼して修繕することになるが、万が一、フローリングにキズやへこみを作ってしまって不安な場合は、事前に業者に見てもらってどのくらいの費用がかかるか教えてもらうと安心できるだろう。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

大阪のフローリング補修の相場について

出典:http://www.diychatroom.com/

出典:http://www.diychatroom.com/

大阪は雨や台風などの被害は少なく、冬も比較的暖かいので、夏場の暑さをしのげるような床材を選ぶことに重点を置くといいだろう。
日本は全国的に、夏や梅雨時は湿度が高めになるので、古くから吸湿性の高い畳が床材として重宝されてきた。
しかし、大阪のような都会ではワンルームに一人暮らしする人も多く、手入れや設置が楽なフローリングの普及が進んでいる。
フローリングでも湿度が高いと、どうしてもカビが発生しやすくなるので、部屋の除湿を行う、定期的に掃除やお手入れをするといったことが必要になるだろう。

カビはいったん発生すると、なかなか落としきれないので、業者に依頼するのが近道である。
大阪は補修やリペアの業者が多数あるので、依頼する先には困らないだろう。
ただ、数が多すぎてどこを選べばいいか迷ってしまう可能性があるので、もっともお得に補修してもらえるように、ネットで複数社に見積もりを取ることから始めるのをおすすめしたい。
また、業者の数が多いということは、価格競争も激しいということでもあるので、値引き交渉もしやすいだろう。
できるだけ補修実績が多くて腕のいい業者や、親身になって相談に乗ってくれるところを選ぼう。

大阪でフローリングの補修をした場合にかかる費用や相場についてご紹介しよう。

補修の種類による費用の相場

出典:http://www.diychatroom.com/

出典:http://www.diychatroom.com/

・フローリングのキズやへこみ
重いものを落としたり、家具を引きずっただけでもフローリングにキズやへこみが発生してしまうことがある。
へこみやえぐれたようなキズはパテなどで埋めて平らにし、塗料などを施して目立たないように仕上げる。
範囲は小さくても、見た目でわかりやすいので、どれだけ目立たなく仕上げるかは職人の腕にかかっている。
費用は範囲にもよるが、2万円~3万円程度。作業は数時間で完了し、複数箇所の場合は費用が割増しになることもある。

・フローリングの剥がれ
賃貸物件によくある複合フローリングは、表面に貼ってある薄い板が湿気などによって剥がれてしまうことがある。
窓を開けっぱなしにしていて雨が吹き込んでしまった場合など、借主の責任になる場合もあるので、早めに処置したいところである。
もし、部屋全体のフローリングを張り替えするとなったら、10万円以上かかることもあるので、仕上がりが不自然にならないように部分的な補修を依頼してみよう。
部分的な剥がれの補修は範囲や状態にもよるが、材料費がかからなければ1万円台で済むこともある。
部分的に張り替える場合は、2万円~5万円くらいが相場になる。

・カビやシミの補修
湿度が高いとカビが発生しやすく、そのまま放置していると広範囲に広がってしまう。
また、飲み物などをこぼしてすぐに拭き取らないでいると、シミとなって落としにくくなってしまい、完全に落とすのが難しくなる。
この場合も、部屋全体の張り替えになると費用がかさむので、腕のいい業者に部分的に補修してもらうのがお得に済ませる手段である。
こちらも範囲によって差があるが、相場としては3万円~5万円程度になるだろう。

・たばこの焦げ跡
賃貸物件の場合は、特にたばこの焦げ跡は火事にもつながる危険性があるため、非常に心証が悪くなる。
うっかり焦げ跡を作ってしまった場合には、自分で補修を頼んでおいたほうがいいかもしれない。
補修方法は、焦げ跡のへこみ部分をパテで埋めて塗装しなおして目立たなくさせる、へこみの補修と同様である。
そのため、費用もへこみの補修と同等の2万円~3万円程度が相場である。

まとめ

フローリングの補修にかかる費用は、範囲や作業ごとに決められているところが多いが、時間ごとに料金が決まっているところもある。
たとえば、4時間以内の作業なら2万円、4時間~6時間なら3万円など。
どちらがお得になるかは、状況によっても異なるが、できるだけ安く済ませるためには業者に相談するか自分で調べて比較してみるといいだろう。
それには、サイトに載っている補修事例が参考になるだろう。
ぜひ、当サイトも参考にされつつ、納得のいく補修ができるようにして頂きたい。
また、値切りの文化のある大阪に則って、「ほかの業者はもっと安い見積もりだった」などのように、コミュニケーションを用いて交渉してみるのも、試してみる価値はあるだろう。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

【記事監修】  加賀原光太朗

7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより

補修無料見積り依頼/リペアスペース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【記事監修】  加賀原光太朗

7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより