補修事例:扉の焦げ跡の補修

扉の焦げ跡の補修です。
事前に、写真で、拝見して、想像していたより、遥かに酷い状況でした。
ストーブで、焦がしてしまったようでした。回りぐるりと、2mm位の山ができてました。写真では、シートのみが、膨らんであるのだと、思ってましたが、硬く、盛り上がってました。
面材は、オレフィンシートで、塩ビシートより弱く、強化紙と同じく、サンドペーパーは、使えません。というわけで、かなりの難易度の高いというか、交換の方が良いのではという、リペアでした。
作業時間:9時間
補修料金:10万と言いたいところだったのですが、6万で、まとめました。

01 02 03 04 05 06 07
【記事監修】  加賀原光太朗

7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより

補修無料見積り依頼/リペアスペース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【記事監修】  加賀原光太朗

7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより