賃貸フローリングの傷やへこみを補修!方法・費用・アイテムを徹底解説

賃貸フローリングの傷やへこみを補修!方法・費用・アイテムを徹底解説

うっかり出来てしまった賃貸フローリングの傷やへこみ。

修復の費用を負担するのは借主?大家さん?敷金はどうなる?自分で補修は出来る?

今回は賃貸におけるフローリングの傷やへこみの対処方法と共に、

費用や責任についての「わからない」を全て解説する。

先にお伝えしておくべき事は、賃貸のフローリングに傷やへこみ等の損傷が出来てしまい、もしもそれが借主の負担となる場合は要注意である。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

賃貸フローリングの傷、どこまではセーフ?

賃貸フローリングの傷、どこまではセーフ?

先にお伝えした「賃貸のフローリングに傷やへこみ等の損傷が出来てしまい、もしもそれが借主の負担となる場合は要注意である。」について、

借主負担の場合は、大家又は管理会社が修理をし、借主負担であるからと大掛かりなリフォームをしてしまう事がある。

また修理を依頼すると手間代としての利益も上乗せされることがほとんどの為、そうなると、本来であればリフォームよりも低コストのリペア(補修)で復元できるところ、想像以上の費用を払わなければならなくなる。

下記はフローリングの損傷を業者依頼でリフォームした場合とリペアした場合それぞれの相場である。

 【リフォーム(交換)】

工事費:250,000円

工期:3日間(全面)

内訳:フローリング代+工賃

【リペア(修復)】

工事費:115,000円

工期:1日(シミ4㎡)

内訳:工賃のみ

リペアの価格相場はこちらにもフローリング以外でも詳細が掲載されている為参考にしていただきたい。https://repairspace.jp/repairreformlp

よって借主負担となりそうな損傷に関しては、大家又は管理会社がリフォームで修理し請求される形ではなく、こちらでリペアにて原状回復しておく方が非常に経済的である。

 

大家さん負担になるパターン

基本的に大家さん負担となるのは、通常の生活をしていても発生する劣化や損傷とされている。フローリングで考えると、具体的に下記は大家さん負担と考えて良い。

■固定家具の設置によるフローリングの設置跡

■構造的な欠陥(結露によるフローリングの色落ちなど)

※借主の不注意による雨水の吹き込みなどは借主負担

上記はトラブル防止の為に、国土交通省が設けた「どちらの負担で原状回復を行うことが妥当なのか」というガイドラインに沿った内容であり、このガイドラインには法的強制力があるわけではない。また、賃貸借契約の内容が原則ではある為、契約内容によっては上記二点に関しても借主側の負担となることもある。

但し、契約の条文が曖昧であったり、何らかの契約締結時に問題があったりする場合には、話し合いを行う為の参考として、又は賃貸借契約締結時においての参考として、ガイドラインのポイントは抑えておくべきである。

【ガイドラインのポイントは4つ】

■ポイント1:原状回復は借りた状態に戻すことではない

原状回復とは、故意・過失・善管注意義務違反その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧することであり、経年変化、通常の使用による損耗等の修繕費用は、賃料に含まれるものとしている。

■ポイント2:通常の使用についての区分

「通常の使用」の一般的定義は困難であるため、具体的な事例にて次のように区分されている。

下記のうち、借主に原状回復義務があるとしているのは、【B】と【A(+B)】についてである。

【A】賃借人が通常の住まい方、使い方をしていても発生すると考えられるもの

【B】賃借人の住まい方、使い方次第で発生したり、しなかったりすると考えられるもの

【A(+B)】基本的にはAだが、後の手入れ等が悪く損耗した又は拡大したと考えられるもの

【A(+G)】基本的にはAだが、建物価値を増大させる要素が含まれているもの

■ポイント3:年数によって負担割合は考慮される

原状回復義務が借主にあるBやA(+B)の場合でも、修繕となると、その中には経年変化や通常損耗に対しての修繕も含まれてしまう為、建物や設備の経過年数を考慮し、年数が多いほど借主の負担割合を減少させる考え方を採用している。

■ポイント3:借主が負担する修繕範囲

原状回復は借主が責任を取る損傷部分の復旧の為、補修は可能な限りその損傷部分に限定としているが、損傷部分と他の部分とにギャップ(色あわせ、模様あわせなどが必要なとき)が出た場合は、工事が可能な最低限度を施行単位とすることになっている。フローリングの場合は原則㎡単位である。

 

借主負担になるパターン

ガイドラインの解説にて先述した通り、故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損傷等は借主が負担する義務があるとされている。

同じくフローリングの傷やへこみで考えると、具体的には下記のようなものである。

■液体こぼし、手入れ不足によるシミ

■引越しの際に生じた傷やへこみ

■稼動家具による傷やへこみ

もしも借主負担で原状回復しなければならない場合には、敷金がその費用に充てられるが、修復費用が敷金を上回れば、その分は追加で払わなくてはならない。

 

引っかき傷は「専用ペン」で補修!

引っかき傷は「専用ペン」で補修!

リペアにはプロに依頼か、自分で行うかの二通りである。まずは損傷の範囲も狭く、浅い傷を自分で直す方法をお伝えする。

 

便利なアイテムはコレ!

浅い傷などは市販の便利アイテムを使って自分で直す事が出来る。

数種類のクレヨンがあり、それで傷を埋めた後にヘラで平らにし、木目はペンで描くという流れである。

https://amzn.to/2CzRW4b

中には、クレヨンの種類は豊富だが、ヘラなどはセットになっていない商品もある。これであれば、フローリングだけでなく様々な色の木製家具にも使用できるが、木目まで綺麗に補修したい場合には、ペンもセットになっている物が良いだろう。他にはスプレータイプの傷かくしもあるが、クレヨンタイプの方が傷を狙って補修しやすい為おすすめである。

https://amzn.to/2PO5lcB

https://amzn.to/2PO5lcB

 

手順とコツ

今回はクレヨン、ヘラ、ペンがセットになっている製品での手順とコツをお伝えする。実際に実践した動画があるので参考にしていただきたい。

②クレヨンで傷を埋める

使用するクレヨンは1色だけでなく、何色かを混ぜながら傷を埋めていくと自然な仕上がりになる。【コツ】傷に対してクレヨンを埋め込んでいくように、垂直に動かすと上手くいく。

②ヘラで平らにする

色が合ってきたら凹凸をセットのヘラで平らにする。【コツ】一度に行おうとせずに、ヘラで平らにしつつクレヨンが取れすぎたら足してと何度か繰り返す。

③ペンを使って木目を描く

セットのペンで上から木目を施す。【コツ】一回で木目を描こうとすると逆に目立ってしまう為、薄く少しずつ周辺から足すように木目を描く。目立ちすぎた場合は指でこすり馴染ませる。

 

へこみは「アイロン」で補修!

へこみは「アイロン」で補修!

続いては物を落としたり、重い家具の設置跡だったりして発生した「へこみ」についてだが、画像のような広範囲でのへこみは、リペアのプロに依頼した方が良い。

小さいへこみであればこれから紹介するキットを使った方法や、スチームアイロンでの補修で直せるだろう。

 

便利なアイテムはコレ!

物を落として出来たへこみであれば、穴埋め用のパテで補修が出来る。

https://amzn.to/2NWyC2Q

補修する箇所の汚れを拭き取り、チューブから少し多めにパテを出して、付属のヘラで埋め込んでいく。埋め込んで乾燥した後に、カッターナイフやサンドペーパーで凹凸をならして平らにする方法である。

https://amzn.to/2Cvj83U

こちらも、補修箇所を綺麗に掃除してから行う。へこみ箇所にスティック状の補修材をホットナイフで溶かして、へこみを埋める。傷補修のクレヨンと同様に1色ではなく、2色程を溶かしてへこみの中で混ぜ合わせて色を作る。補修材が硬化した後に、付属のスクレーパーやヘラで平らにする。参考となる動画がある為、是非ご覧いただきたい。

手順とコツ

手順とコツ

先に紹介したキットは、製品や、URLの購入先にも使用方法が紹介されている為、キットではなく、アイロンを使用したへこみ補修方法とコツを紹介しようと思う。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

へこみに水を垂らす

①へこみに水を垂らす

へこみ部分に水をスポイトなどでたっぷりと垂らす。

針で穴を複数あける

②針で穴を複数あける

水の上から針や画鋲で3箇所程へこみ部分を刺して穴を空けて水が染み込むのを待つ。

【コツ】穴はへこみの中心、端と間隔をあけて。

アイロンを当てる

③アイロンを当てる

水を染み込ませて5分程待ち、上から濡らした布(薄手のタオル)を置き、布の上からアイロンを5~10秒当てる。

【コツ】長くアイロンを当てすぎると、表面の塗装が剥げてしまう為要注意。

 

剥がれは「エポキシパテ」で補修!

剥がれは「エポキシパテ」で補修!

続いては摩擦や加重、劣化によって剥がれてしまったフローリングの補修方法である。画像のような一部分であれば、少し手間はかかるが順を追って行えば自分でも修復できる。

 

便利なアイテムはコレ!

https://amzn.to/2SeYsTk

フローリングの剥がれには、樹脂を主成分とするエポキシパテが役立ってくれる。粘土状で好きな形に成形でき、画像の商品はプラモデルなどの改造やフィギアの造形によく使用されている。

https://amzn.to/2OLczS7

https://amzn.to/2Se1qY8

着色には超微粒子のパウダー塗料が適している。密着液と合わせて使用する。同じメーカーで数種類のカラーがあり、パウダーを混ぜて希望の色を作ることができる。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

https://amzn.to/2OL3WqK

パテ埋め、着色を終えたら仕上げにスプレーニス等で艶を出す。

エポキシパテ、カラーパウダー、仕上げ剤以外に用意するものは下記である。

【マスキングテープ・ヘラ・面相筆・サンドペーパー】

手順とコツ

剥がれ部分を整える

①剥がれ部分を整える

サンドペーパーで剥がれている面(パテを乗せる部分)にパテの密着性をよくする為に目粗しを行い、拭き掃除で木クズや汚れを綺麗に落とす。乾燥後、マスキングテープで作業箇所を養生する。

【コツ】サンドペーパーには様々な粗さがあり、この時は#180~#220が適している。サンドペーパーの粗さは数字が大きくなる程、目が細かくなり、仕上げに適していく。

エポキシパテを埋める

②エポキシパテを埋める

エポキシパテは主剤と硬化剤の2剤を混ぜて使用する。使う分だけ混ぜて、剥がれている部分にヘラを使ってエポキシパテを埋めて成形する。

サンドペーパーで平らにする

③サンドペーパーで平らにする

エポキシパテが完全に硬化するまで気温などにもよるが約6時間かかるとされている。硬化したら、サンドペーパー(#300くらいから徐々に番数大きくしてなめらかに)で平らになるように削る。

【コツ】この平らにする作業が、綺麗に補修できるかのポイントとなる為、慎重に行う。またサンドペーパーが他の部分に当たり削れてしまわないようにマスキングをしっかりと行い注意して作業する。

カラーパウダーで着色する

④カラーパウダーで着色する

エポキシパテを埋めた上からカラーパウダーと密着液で作った塗料で着色する。乾燥後、仕上げ用スプレーでツヤ合わせをして完了。

【コツ】まずはベースの色を塗り、その後に木のムラを表現し、最後に木目を描いていく。木目が目立ち過ぎた箇所は再度薄くベースの色を被せると自然な風合いとなる。

 

補修のプロに依頼する方がよい傷がある

補修のプロに依頼する方がよい傷がある

なんとか時間をかけて補修を行ったとしても、色ムラなどが残れば、それは補修の対象として結局は借主負担でリフォーム費用を出さなければならなくなる。一番やっかいなのは、勝手に手を加えたことがばれてしまい、悪い印象を与えてしまう事である。

 

範囲が広い・損傷が激しい

自分で行う補修方法も、広範囲であれば色合わせや平らにするハードルがあがり、傷がなかったように見せるのは難しい。同じくフローリング自体が大きな損傷を受けており、部分張替えや全体的な着色などが必要な場合には専門的な分野となってくる為、範囲が広い、損傷が激しい場合には、余分な手間や心配をなくし、プロに依頼するほうが堅実である。

賃貸だからこそ、そこに損傷がなかったレベルまで修復しなければならない。そこでリペアのプロに依頼を検討する際のご参考に、実際の補修の様子や相場もご覧いただきたい。

 

驚きの職人技はコチラ!

ビフォーアフター
ビフォーアフター
ビフォーアフター

1つ目は物を落とした時にできたであろうへこみ、2つ目は剥がれ、3つ目は広範囲で入った線傷である。After画像を先に見てもらうとどこに損傷があったかわからない。

広範囲のキズ

費用相場

費用に関して、安いから良いとは限らず、技術ではなく価格を売りにしている業者は、満足いく補修を行ってくれない可能性が非常に高い。

そこで、ぼったくり又は、技術の無い業者を避ける為にも相場を覚えておいていただきたい。

フローリングの補修価格は、傷の大きさ・数、傷の種類(程度)、材質によって変わってくる。

基本的な相場としては1㎡7000円~8000円である。

業者によっては傷やへこみの数で価格を計算しているところや、作業時間で算出しているところもある為、直して欲しい損傷箇所を画像付きなどで明確に伝えて無料見積もりを必ずしてもらおう。

リペア専門の業者も探せば沢山ある為、業種比較の為に、数社の業者から無料見積もりを依頼するのは、正直労力と時間が必要である。当サイト『リペアスペース』であれば、複数社への見積もり依頼を同時に行うことができ、ニーズに見合った業者をご紹介できるので参考にしていただきたい。

 

補修費用負担を減らす方法がある!条件は3つ

補修費用負担を減らす方法がある!条件は3つ

これは多くの方が見逃している修復費用の負担を減らす保険の活用についてである。

加入している火災保険の対象部分を確認していただきたい。

「不測かつ突発的な事故」又は「破損・汚損」という項目があるかと思う。これは簡単に言うと「うっかり」の補修なのだ。詳しく説明しよう。

 

火災保険の「不測かつ突発的な事故」に適用するか

「不測かつ突発的な事故」とは、予測が不可能な事故であり、原因や発生日がはっきりしている事故のことである。ただし、繰り返し同内容の事故が発生する場合は、予測不可能な事故とは判断されない。

フローリングの損傷で例えると、家具の配置替えをしており、うっかり棚を倒してしまいフローリングに大きなへこみや剥がれが出来た等が考えられる。

ただし、注意していただきたいのは損傷または汚損であっても、その機能に支障をきたさない損害は補償の対象とならないとされている為、ひっかき傷程度であれば対象外となるだろう。

 

免責金額越えの修理費用となるか

免責金額とは自己負担額のことであり、修理費用がこの免責金額を超えた場合には、その分が保険金として支払われる。

保険会社によって免責金額は異なり、3000円のところもあれば、5000円や1万円、保険会社によっては1万円か3万円の選択などとなっている。

 

補償対象「建物」「家財」を確認

火災保険の補償内容に「不測かつ突発的な事故」を含んでいる事に加えて補償対象の確認も必要である。対象に「建物」をつけていれば、壁やフローリングなどの損傷も補償され、「家財」にも補償をつけていれば、テレビや家具の損傷も補償される。

また家財の中でもデスクトップ型パソコンは対象だが、ノート型パソコンは対象外など、保険内容によって微妙に異なる部分もある為、都度確認していただきたい。

もし保険金の支払い対象なのか迷ったら、ダメ元であっても保険会社に聞いてみて欲しい。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

賃貸フローリングでも出来る!傷へこみ防止法

賃貸フローリングでも出来る!傷へこみ防止法

どんなに注意を払っていても、フローリングに傷やへこみはついてしまうことがある。

そこで事前に賃貸でも行えるフローリングの傷、へこみ防止方法を紹介する。

 

固定家具向け緩衝材

家具の下に緩衝材を施す方法だが、フェルトタイプは滑りが良いので後に紹介する可動式家具には向いているが、フェルトに比べて厚さがあり、弾力性もあるコルクタイプの方が棚や箪笥など重さのある固定家具のようなものに向いている。

https://amzn.to/2OG7VER

画像のものは30cm角が2畳分セットになっており、好きなサイズに出来る。

https://amzn.to/2O1jOjs

画像のように艶のあるコルクシートであれば、思い切ってお部屋全体にインテリアの一部として敷くのも良い。

 

可動家具向け緩衝材

椅子やテーブルには滑りの良いフェルトの緩衝材が適している。ただしフェルト系は動かす度に

薄くなってくるので、定期的に張替えをすることと、動かす度に埃が付いてしまうので床掃除の際には埃とりも忘れずに。

https://amzn.to/2NTShAp

フェルトタイプの緩衝材はシート型で好きな形にカットするものから、最初からかっとされているものと様々である。粘着付きで簡単に貼ることができるが、必ず貼る前には取り付け箇所の汚れを拭きとらないとすぐに外れてしまう。

また何度付けてもすぐにはがれてしまう場合には、椅子の脚などに直接打ち込むタイプのフェルトもある。

https://amzn.to/2OLKzxS

可動式緩衝材は減りが早い為、少し多めに用意しておくと良いだろう。

 

マットやフロアタイルを使う

https://amzn.to/2OJgyyk

あえてフロアマットを全面に並べてしまうのも、フローリング損傷防止とインテリアを楽しむ方法としては1つの手である。しかし、液体をこぼした際には透き間からフローリングを塗らしてしまう可能性もあるので、その際にはマットも剥がして掃除をしていただきたい。

https://amzn.to/2NXD15J

ダイニング空間など家具をよく動かす空間ではマットを敷いている方も多いだろう。その場合、撥水性の高いものだと掃除も楽である。

 

賃貸フローリングの損傷は自分でorリペア職人に!

ここまで賃貸フローリングの傷やへこみの対処方法をお伝えしてきた。小さな傷やへこみは是非目立たない箇所から自分での補修を試していただきたい。

そして大きな傷やへこみは、見積もりまでは無料の為、リペア専門の業者に相談してみると対処をどうすると良いかの判断材料になるだろう。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

【記事監修】  加賀原光太朗

7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより

補修無料見積り依頼/リペアスペース
賃貸フローリングの傷やへこみを補修!方法・費用・アイテムを徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【記事監修】  加賀原光太朗

7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより