浴室の天井を塗装する!塗料選びやDIYの方法とは

気持ちよく浴槽に浸かり、ふと天井を見上げた。

その時、天井にカビが生えていたり、塗装が剥がれていたりする箇所を見つけてしまった経験はないだろうか。

とにかく、補修しなければ状況は日に日に悪化することは一目瞭然だ。

この機会にリフォームするか、天井を塗り直してお気に入りの風呂を維持するか悩みどころでもある。

出費を抑えながら満足できる補修を目指す方の為に記事を進めるので、浴室を守る一助にしてほしい。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

浴室の天井を塗装する理由

浴室の天井を塗装する理由

浴室は、家の中で最も湿度が高い場所だ。湿度が高いとあらゆるものの劣化が早くなり、水が腐敗すれば悪臭も放つ。故に浴室は防水性・防腐性・防カビ性の高い塗料を塗っている。

ユニットバスやシステムバスでは予め全ての部材が塗装されていて、非常に耐久性の高い樹脂などで作られているので再塗装の心配はほとんどない。

経年劣化した場合は再塗装か、リフォームで新しいユニットバスやシステムバスと入れ替える事になる。ユニットバスやシステムバスの再塗装をDIYすることは至難の技で、プロ並みのDIY上級者でないと無理がある。

一方、在来浴室であるが、こちらは傷んだ天井だけを塗装することも可能だ在来浴室をベースにどのようなケースで浴室の天井を塗装するか解説させていただく。

 

天井の塗装が剥がれてきた

https://www.diychatroom.com/f4/bathroom-ceiling-peeling-35195/

https://www.diychatroom.com/f4/bathroom-ceiling-peeling-35195/

浴室の天井が剥がれてくる原因は、塗膜の内側に水分が入り込むか、経年劣化が主な原因である。

塗装の表面が劣化したり、傷ついたりすると高湿度の浴室では塗膜の内側にまで水分が入り込んでしまう。入り込んだ水分は、ほとんど蒸発せずに腐敗し、塗膜まで劣化・腐食させる。天井に、膨らみがあれば要注意だ。

また、長年にわたり高湿度の環境下にある浴室天井の塗装は、通常の塗装よりも対応年数は短い。

いずれにせよ、天井塗装の剥がれを放置すれば下地を傷め、浴室全体にダメージを及ぼす可能性がある。早めに補修することが望ましい。

 

天井のカビがとれない

天井のカビがとれない

浴室天井にカビを見つけてしまったら、多くの人はショックを受ける。カビ取り剤の匂いは決して好ましいものではない。また、簡単にカビが落ちない場合があるので、労力をかけなければならない。

あらゆる手段を講じてもカビが落ちなかった場合は、除菌を施した後に再塗装しなければならない。

放置しておくと根が深くなり、カビの範囲が広がって衛生面でも問題があるし、健康被害の可能性も高くなる。

人間に良い働きをするカビ菌も存在するが、家に生えるほとんどのカビ菌は人間の害になると認識して問題ない。

 

気分転換の為に

気分転換の為に

お風呂は、身体の疲れを癒やし、新陳代謝を高めリラックス効果も期待できる。入浴好きな人はもちろんだが、日本人の多くはお風呂が好きである。

湯船に入ると自然と上を見上げる人も多いだろう。毎日、同じ天井では物足りないと思う人は、気分転換に天井をリメイクすると良いだろう。

天井に好きな模様や絵を描いてリメイクしているDIYの上級者もいる。興味ある人は、再塗装の際にプロに相談すると自分らしい浴室になるかも知れない。

 

塗料にも種類がある!選択は慎重に

塗料にも種類がある!選択は慎重に

浴室に使う塗料は、水に強く防カビ剤が入っていることが最低条件であるホームセンターなどで購入する場合は、浴室用と表示されているものを選ぶと良い。

ネットで購入する場合も「塗料 浴室」など浴室を入れて検索すると簡単に見つけることができる。

浴室用の塗料にも種類があって、それぞれに特長がある。ここでは、おすすめできるものを3点選んだので紹介させていただく。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

防カビ剤と抗菌剤とのダブル効果

https://amzn.to/38ddnp5

https://amzn.to/38ddnp5

この塗料は、揮発性有機溶剤などを発生させないので、快適で安全だと言える。また、DIYの際にも、いやなニオイが少なく室内で安心して作業できるので施工性が向上する。

防カビ剤と抗菌剤とのダブル効果が最大の特長で、長期間カビの発生を防ぐことが可能である。

 

強力な防カビ剤を配合

https://amzn.to/2PfqOfj

https://amzn.to/2PfqOfj

強力な防カビ剤を配合していて、揮発性有機溶剤の含有量が0.1%以下の室内向け塗料である。

いやな臭いのしない無臭タイプの水性塗料で、シックハウス症候群でよく知られているホルムアルデヒドやタバコ臭を吸着する機能を有した環境保護塗料でもある。

耐水性に優れていて、落ちついたツヤ消しに仕上げることが可能だ。また、カラーラインナップも豊富なので自分好みの浴室天井に染められる。

https://amzn.to/2PfqOfj

https://amzn.to/2PfqOfj

揮発性有機溶剤が微量なので、安心して室内作業ができて施工性も良い。刷毛やローラーを使って塗装するタイプだ。塗り方は、次の項目で解説させていただく。

 

かべ・浴室用スプレー

https://amzn.to/2PaRHRC

https://amzn.to/2PaRHRC

特殊アクリル樹脂系のスプレー塗料である。強力な防カビ剤と抗菌剤が含まれていて効果が一定程度持続するのがポイントだ。

刷毛やローラーが苦手な人でもスプレーなので簡単に吹き付けられる。特に上向きノズルがついているので、天井や壁のすみなどで使い勝手の良さが活きる。

また、塗膜が強いので比較的に長持ちする。カラーバリエーションは、5色程度なので、自分の好みや壁の色などと調和が取れるものを選ぶと良い。

 

浴室天井のDIY塗装方法

浴室天井のDIY塗装方法

浴室の天井を塗装する際は、液ダレに注意しながら満遍なく塗装する技術が必要だしかし、DIYでできない訳ではない。必要な準備を整え、湿度が低くて天候の良い日を選び、手順を間違えなければ問題なく自分で塗装することが可能である。

ここでは、用意するものと手順を解説させていただく。

 

用意するもの

作業を始める前にシッカリとした準備が必要だ。

用意するもの

  • 浴室用塗料
  • バケツ
  • 刷毛
  • ローラー
  • バケツ
  • スポンジ
  • カビ取り剤
  • 養生シート
  • 内装施工用コーキング剤
  • サンドペーパー・コテ型ヤスリ・電動ヤスリ(場合によっては必要)

 

浴室天井塗装の作業手順

  1. 床を養生する
    浴室用の塗料はほとんどが水性なので、こぼしても乾燥前であれば拭き取れるが、養生シートで保護しておけば無駄な手間が省ける。
  2. 外せるものは外す
    天井についている換気扇のカバーなど外せるものは外しておくと塗装がスムーズに進む。
  3. 清掃する
    天井の汚れを綺麗に落とす。カビがあれば、カビ取り洗剤を使って落とせるだけ落とすようにする。
    落とせない汚れは、やすりなどで削り落とすと良い。塗料のノリが悪そうなツルツルしたものもヤスリがけすると塗料のノリが良くなる。
  4. マスキングテープで養生
    外した換気扇の縁や天井と壁との接点など、塗料がつかないように養生する。
  5. 液ダレ防止作業
    実際に塗料を塗ると縁の壁伝いに液ダレがおこる。天井に接している壁に貼ったマスキングテープの上に内装施工用コーキング剤を塗っておくと液ダレを防ぐことができる。
  6. バケツに塗料を出す
    予め、バケツに塗料を出しておくほうが効率的。この時、刷毛とローラーも準備する。
  7. 刷毛で縁から塗る
    縁の部分や換気扇の縁などの細部は刷毛で丁寧にムラなく塗り上げる。
  8. ローラーで塗装する
    面積の広い部分はローラーで均一に塗る。塗料を付けすぎるとムラができやすいので少しかすれる程度を目安にすると良い。何度か重ねて均一に仕上げる。
  9. 元の状態に戻す
    マスキングテープを剥がし、換気扇カバーなどを元に戻す。液だれの心配がなければ養生シートも取り外す。

浴室を使用できるまで乾燥するのには、通常2~3日かかる。塗料によって差があるので購入前に確認しておくと良い。

手順通りにやれば、浴室天井の塗装もDIYできるとは言え、素人が作業するので、かなりの時間と労力を要すると認識しておく必要がある。上を向いたまま塗装するなど慣れない姿勢でしなくてはいけない。

DIYの初心者ならば備品も買い揃えなくてはならないので、しっかりシミュレーションして難しいと判断したら迷わずプロに依頼するほうが賢明だ。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

浴室天井の塗装ならリペア業者に依頼

浴室天井の塗装ならリペア業者に依頼

浴室天井の塗装をプロに依頼するならリペア業かリフォーム業者となる。

現状のものを修復するならリペア業者。取り替えて新品にするならリフォーム業者と覚えておくと使い分けが簡単で済む。

ここでは、リペア業者を解説させていただく。リペア業者の技術力やなぜ、リペアをすすめるのかなどをお伝えする。

 

リペア職人の技術

リペア職人の技術

画像は、ホーローに穴が空いたものを補修し、塗装を施したものだ。補修箇所がまったく判らないほど見事に修復されている。

リペア職人の技術は、どのような素材であっても修復できて、周囲と同化させる塗装が特長だ。

家の中にあるものなら、木材をはじめ、金属・樹脂・石であっても修復可能だ。そして、修復箇所は誰が見ても判別が難しいレベルまでの塗装を施す。このリペアの技術を活かせば浴室の天井も見違えるほど綺麗に塗装できる。

 

なぜリペア職人が良いのか

なぜリペア職人が良いのか

浴室天井の塗装にリペア職人をすすめるのは理由がある。リペアは塗装だけでなく、天井の傷やへこみなどの修復からカビ取りまで守備範囲だ。塗装する前に天井のダメージを修復して、綺麗に塗装することができるのはリペア職人だけということが、推奨する理由である。

画像は、洗面台にヒビが入ったものを修復し、塗装したものだ。リペア職人なら、浴室の天井に限らず、どのような壁面であっても浴槽であっても修復可能である。

もし、天井以外に浴室のトラブルがあるようなら、下記の記事をご参照いただきたい。解決へのヒントになる可能性も大いにある。

【浴室内装の補修を徹底解説!補修費用は?補修期間は】

https://repairspace.jp/yokushitsu-repair

 

優良なリペア業者の選び方

優良なリペア業者の選び方

リペア業者に依頼するにしてもできるだけ腕の良い職人がいる業者を選ぶべきだ「リペアも対応できます!」と掲げている業者の中には、リフォームの窓口として利用している者もいる。

また、経験不足の職人もいるので注意をはらいたい。ここでは、優良なリペア業者を探すポイントを解説するので参考にしていただきたい。

  1. 確かな技術力をもっているか
    ホームページなどで施工事例をしっかり確認すれば、ある程度どれくらいの技術力を持っているかを知ることができる。
  2. 無料見積もりやコンタクトが簡単にとれるか
    相見積もりをとるにも無料見積もりが簡単にとれて、相談が容易にできなければならない。伝えたいことが上手に伝わらなければ、理想とする修復ができない恐れがある。
  3. 適正価格であるか
    相見積もりをとっても、安価な見積もりに騙されてはいけない。腕の良い職人は、安価で仕事をしない。安価な見積もりということは、何らかの落とし穴があると考えたほうが良い。リフォームの提案をしてきたり、実際に施工時に上乗せ金額を請求したりする可能性もある。最も注意が必要なのは、技術力がなくて見栄えだけを整えた修復だ。この場合は、かえって費用がかさむ場合が多い。
  4. アフターフォローが充実しているか
    腕の良い業者ほどアフターフォローがしっかりしている。それは、修復に自信を持っているからである。逆にアフターフォローについてグズグズ言う業者は、早めに切ったほうが時短になる。

この4項目を確認すれば、おおよそ優良かどうかは判断できるだろう。後は、遠距離すぎないようにアドレスを最初に確認しておくと良い。

 

下地までダメージがあればリフォームへ

下地までダメージがあればリフォームへ

画像を見ると、浴室天井の周囲が錆びていたり、カビが生えていたりしてかなりダメージを受けている。塗装は剥がれていて、下地の金属には腐食が見られる。

このような状態になれば、最も安全と言われていて地震のときにでも活躍する浴室の強度に問題がある可能性も高い。

下地がコンクリートであっても、腐食が見られれば強度は極端に落ちる。このような場合はリフォームとなる

 

在来浴室をリフォームする場合の相場

長く愛用した在来浴室を取り壊し、リフォームするとなると気持ちが穏やかでないかもしれないが、強度に問題が生じた場合はやむを得ない。

リフォームで在来浴室を一から作るとなると相当な工期と費用がかかるので、ほとんどの場合、ユニットバスやシステムバスへの変更をすすめられる。

在来浴室からユニットバスへリフォームした場合は、ユニットバスの金額と在来浴室を解体する金額が必要となる。

  • ユニットバスの相場:60万~100万円
  • 解体相場:40万~70万円

金額に大きく開きがあるのは、在来浴室が多種多様に作られているからである。あくまでも相場なので、参考程度とご認識いただきたい。いずれにせよ、相当の金額と工期を覚悟しなければならないことを知っておく必要がある。

 

浴室の天井を塗り替えて快適な入浴を

在来浴室をリフォームするとなるとかなりの負担を強いられる。浴室は、湿気が溜まりやすいが、堅牢に作られている。

傷んだ浴室天井は早急に塗り替えてメンテンスを定期的に施せば、慣れ親しんだお風呂を取り壊さずに永く楽しむことができる。新しいものが全て良いものと言う訳ではないだろう。快適な入浴は心身を癒やし、明日への活力とつながる。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

【記事監修】  加賀原光太朗

7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより

補修無料見積り依頼/リペアスペース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【記事監修】  加賀原光太朗

7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより