フローリングの修理費を安く抑えるために知っておきたい4つのポイント

フローリングに傷はつきものだ。どんなに大切に使っていてもちょっとした動作ですぐに傷がついてしまう。長年使っていると大きな傷はないが目を凝らすと小さな傷がたくさんあるなんてことは普通だ。

傷がついた時にはしっかりとした技術を持つ専門のリペア業者に頼まなければいけない。しかしフローリング修理費は高いというイメージをあなたは持っているはずだ。

しかし信頼できるプロのリペア業者に依頼をすれば、値段以上の価値を得ることができる。また、事前にしっかりとした知識をもって依頼をすれば修理費用を安くするこも可能だ。

今回はリペア業者に依頼する前に知っておきたいフローリングの修理費を安く抑えるポイントを紹介しよう。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

1.フローリングの傷の種類とは?

フローリングの傷は主に3種類ある。

 1つめは家具を引きずった時や歩行時に起きる引っかき傷。あなたのフローリングをよく目を凝らして見てほしい。必ずこの引っかき傷があるはずだ。おそらくそれほど目立つ傷ではないが、長年生活をしていると傷も増えていき目立ってくる。フローリングと引っかき傷は切っても切れない関係である。

2つ目はえぐれたような傷。これはコップや包丁、ハサミなど鋭利なものを落とした時にできてしまう傷。見た目的にも目立つが、うっかりと傷の上を歩行した時などにけがをする可能性が非常に高いので、一刻も早く修復される必要がある傷だ。

 3つ目の傷がへこみ傷だ。たんすやソファなどの重い家具を長期間置いているとフローリングがへこんでしまう。これがへこみ傷だ。

フローリングも木材なので重みや水分などには弱い。そのことを理解して注意深く生活をすると大きな傷は防ぐことができる。しかし万が一、目立つ傷ができてしまった場合等にあなたが相談しなければいけないのは専門のリペア業者だ。

補修は特殊な技術が必要なので近くの工務店などに依頼しては絶対にいけない。丸投げの外注により高い値段を提示されるか、技術不足による粗悪な工事で終わってしまう可能性が高いからだ。

 

2.知らなきゃ損!フローリング補修の相場について

 あなたがフローリング補修を考えるときに最も気になるのが補修費だろう。補修費は一概に言うことはできないが、1平方メートルあたり一番安価なところで5000円程度から。高価なところになると1万円からということも。

そのため相場は1平方メートルあたり7000円から8000円といったところだろう。つまり4.5畳の広さの補修をしてもらう時には6万円くらいと考えたほうがいいだろう。もちろんこの6万円に材料費や人件費などが加算されることがあることを忘れてはいけない。

フローリング補修の相場を知っておくことで法外な値段の見積もりを出してくる業者をブロックすることができる。フローリング補修を行う際に多くの情報を知っておくことは大切だ。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

. リペア業者選びに失敗しないための3つの法則

 フローリング補修費用を安く抑えるポイントの1つは業者選び。具体的にチェックしたいポイントは以下の3つ。

 1つ目は目星をつけた業者が無料出張を行ってくれるのかどうか。あなたが住んでいる地域が業者の提供する無料出張圏外だと移動費を請求される。また移動費が無料でも業者が車を駐車する際にかかった駐車費はあなたが負担をしないといけない。

 2つ目はその業者が行っているサービス。1つの業者に目星をつけたからといってすぐに補修依頼を行ってはいけない。他の業者とのサービス、評判の比較をする必要がある。

もしかすると最初に目星をつけた業者よりもお手頃な価格を提供する業者と出会えるかもしれない。業者選びの際には複数の業者を比較することが大切だ。

3つ目は必要でない経費がかかっているかどうかを確認しよう。例えば依頼主から直接依頼を受けて施工をする会社の場合は比較的安い料金で補修を行ってくれる。

しかし業者によっては営業マンの営業費などの人件費がかかるので他と比べて高い値段を請求するというところも多い。職人が直接仕事を受注してきて施工をするリペア業者を選ぶことが費用を抑えるポイントだ。

その他にも施工を行ってもらう時間帯にも注意したい。やむを得ない事情がある場合以外には昼間に施行をしてもらうことが望ましい。

夜、特に20時以降になると基本料金に3割程度の金額を加えた値段を請求する業者も少なくはない。だから施工を行う時間帯はなるべく昼間を選ぼう。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

4.複数の業者で見積もりを比較する

補修費を安く抑えるために最も大切なポイントは各業者の見積もりを比べることだ。しかしある程度複数の業者を見つけ出して、1社ずつに無料見積もりを送っていると途方もない労力と時間がかかってしまう。

そこでぜひ利用してもらいたいのが当サイトだ。当サイトでは複数社の見積もりを簡単にそして素早く行うことが可能。もし補修費を安く抑えたいならばぜひ活用していただきたい。

自分でできるコスト削減の3のポイントとは?

ここからは自分でできることはやってコストを省く手段をお伝えする。前述した通り、補修費とは施工費だけではない。材料費、廃棄の処分にかかるコスト、人件費、移動費など多くの要素を合計したものが補修費だ。その中でも業者との話し合いによって省くことができる主なコストは2つ。

 1つめは材料費。材質によって値段は大きく変わってくる。基本的には合板は安く、無垢は高い。しかし最近では安く無垢を購入できることもある。

業者と相談してどんな材料が必要なのか分かれば自分で購入しよう。ホームセンターなどでも購入できるが、今ではオンラインで手軽に安く購入できる。オンラインの方が品ぞろえもいいので、オンラインで購入するのをおすすめする。

 2つ目は廃棄の処分にかかるコストだ。施工を行っているとどうしても多くのゴミが出てしまう。基本的には業者が処分をしてくれるが、この廃棄処理をすることによってコストを抑えることができる。これも施工を行う前に業者と打ち合わせをしておこう。

その他にも依頼をした業者と打ち合わせをすることによってコストを削減できる要素はまだ出てくるはずだ。しっかりとしたコミュニケーションを業者をとろう。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

まとめ

 どんなに気を付けて生活していても傷がついてしまうフローリング。フローリングにも寿命があるので、いつかは補修をしなければいけない時期が必ずやってくる。

せっかく補修をするなら新品だと見違えるほど綺麗な状態にしたいはずだ。完璧な補修ができるのは工務店や自分の力ではなく、卓越した技術を持つ専門業者だけ。数ある専門業者の中でもあなたに合ったニーズ、料金を提供できる業者を見つける最大のポイントは見積もりの比較。

当サイトでは、あなたの貴重な時間と労力を節約して、ニーズに合った業者を必ず紹介できる業者マッチングサイトだ。

サイト上では複数社の見積もり比較も簡単に行うことが可能。お客様のあらゆるニーズにお答えするリペア業総合マッチングサイトである。もし業者選びでお困りの場合は是非活用頂きたい。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

【記事監修】  加賀原光太朗

7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより

補修無料見積り依頼/リペアスペース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【記事監修】  加賀原光太朗

7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより