ドアの穴の修理をしたいと思った時にすべき5つのこと

意外とドアには穴や傷がつきやすい。ドアの傷が壁やフローリングと違うのはとても目立つということだ。特に玄関のドアは人々を迎える家の顔ということができる。きれいな状態のドアは人々にいい印象・新品のような印象を与えるが、穴や傷がついたドアはいくら使用年数が短くても古びた印象を与えてしまう。

そのためドアの修理は完璧に行われるべきである。今回は専門業者に依頼すべきか自分で修理をするべきか等、ドア穴の修理を考えたときに知っておくべき5つのことについて紹介しよう。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

1.ドアの傷の種類と原因とは?

ドアの補修を考える前に傷の種類と原因を知っておくことは大切である。そうすると傷の予防ができ、専門業者に無料見積もりを依頼するときも正確な情報を伝えることが可能だからだ。ドアにできる傷の種類は主に3つ。

1つ目は擦り傷。これはドアに最もできやすい傷だ。この傷ができる原因はいろいろ考えられる。何しろ普段気を付けていても知らず知らずのうちにできてしまう傷だからだ。

特に小さな子供やペットを飼っている家庭のドアには目立つ擦り傷ができてしまうだろう。活発な子供が思い切りおもちゃをドアにこすってしまったり、猫や犬が爪をといだりすると目立つ傷ができてしまう。

2つ目はドアの塗装が剥げてしまうこと。これは擦り傷にも関わってくることだが、ドアに傷がつくと塗装が剥げてしまうことがある。この塗装の剥がれはなるべく早く補修をしたいはずだ。小さな塗装の剥がれでも全体の印象が一気に古びた感じになってしまうからだ。

この傷は擦り傷ができたときに一緒に起こる可能性が高い。またソファやテーブル等の家具を移動していた際に家具とドアをこすってしまうと高確率で大きな塗装が剥がれてしまうので十分に気を付けたいものだ。その他にも特に手入れをすることなく長年使用するとドアの色の艶が無くなって、これまた古びた印象を醸し出してしまう。

3つ目はドアにできる穴だ。これは一番目立つ傷なので、できてしまったら一刻も早く修復を行う必要がある。この傷ができる原因はドアに強い衝撃を与えてしまった時だ。子供がおもちゃを投げただけでできてしまう可能性もあり、もちろんドアを強く殴ってしまったらできてしまう。ドアはあなたが思っているほど強くはないので大切に使う必要がある。

 

2.自分でドアの穴の補修できるの?

インターネットでドアの補修について調べると自分で補修を簡単に行うことができるという情報が溢れているだろう。結論から言うとドアの補修は自分で行うべきではない。

絶対にリペア専門業者に依頼する必要がある。ドアの補修は素人が行うには難しすぎるからだ。例えば穴の補修をするときにはパテが盛り上がらないように気を付け、色の調合も正確に行わなければならない。

正確に行うことができなければ補修部分が以前よりも目立ってしまうことがある。特に色の調合は自分で正確にできたと思っても、塗ってみたら全く違う色だったというケースが多い。だからドアの補修は絶対に専門の技術を持ったリペア業者に依頼をするべきなのだ。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

3.自分でできる応急処置としてのドア補修の仕方を大紹介!

ドアの補修はリペア専門業者に依頼するべきだと述べたが、どうしても急いで補修をしなければいけない時もあるだろう。大切なお客さんが来てしまう、何かイベントを催して多くの人々が集まる等、急ぎの理由は様々だろう。そこでここからは自分でできる応急処置としての補修法をご紹介しよう。

ドアの補修方法を紹介する前に必ず覚えておいてほしいことがある。自分で補修をした場合はどんな結果になろうと全て自己責任、そして自分で補修がうまくできたように見えてもリペア業者に補修の依頼をする必要があるということだ。あくまでここから紹介する補修方法はリペア業者に施行を行ってもらうまでの応急処置と考えてほしい。

補修用のペンを使う

ドアにできている傷を自分で補修する際には、市販されている補修用のペンを使って傷を隠すのが最も無難だろう。

使い方は傷の上から塗るだけなので簡単だ。応急処置としては最適だろう。

 

 

 

ドアリフォームシートを使う

ドアリフォームシートとはドアに貼り付けるシートのこと。あまりにも傷が多いときはこのシートを活用して一時的に隠すことも可能だ。

 

 

 

色剥がれには要注意!

ドアの色剥がれ部分を補修するときには注意が必要だ。ホームセンターでドアに使われる塗料を買うことは可能である。しかし購入するときには必ずドアの色にあった塗料を買わなければいけない。

同じような色ではなく同じ色である必要がある。補修部分だけ違った色では逆に目立ってしまう。塗料を買う際は必ず家のドアの写真を撮って見比べながら購入しよう。

 

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

4.リペア専門業者・補修屋だと安心な技術で値段も安い

リペア専門業者に補修を依頼する最大のメリットは、補修された箇所が限りなく新品に近い状態になることだ。

ドアの穴・傷補修はかなりの技術が必要なものだ。前述したように自分で行えば高確率で失敗するだろう。

1つ気を付けてほしいことがある。それは工務店はリペア専門業者でも補修屋でもないということだ。多くの工務店の実態は外注に丸投げをする、粗悪な工事を行うというもの。

外注に丸投げされると余分な費用がかかっているので、リペア専門業者に依頼するよりも多額の補修費を請求されることがある。そのため工務店に頼むのではなく必ずリペア専門業者に依頼することを心掛けてほしい。

 

5.ドア補修の相場

あなたが気になっているのはドア補修にかかる費用だろう。これは傷の種類、大きさ、またドアの材質によって変わってくるので一概には言えないが、基本的には2万円から4万円だろう。

これよりもあまりに高い見積もりを出してくる業者は悪徳業者の可能性もあるので気を付けてほしい。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

最後に

ドアの補修はかなりの技術を要するもので、素人が行うと高確率で後悔することになる。おそらく自分で補修を行うよりもリペア業者に依頼した方が安くおさまるのでリペア業者に依頼しよう。

あなたの家のドアがまるで新品の状態になったことを想像してみてほしい。きっと家の印象が変わるだけでなく、あなたの気持ちも清々しくなるはずだ。

リペア業者を探すときに大切なことは、業者比較を行うことだ。よいリペア業者を見つけるためにも、当サイト「リペアスペース/repair space」を活用していただきたい。当サイトではあなたのニーズに合ったリペア専門業者を必ず見つけることができ、無料見積もりも簡単に比較できる。ぜひ当サイトを活用してあなたの家のドアを新品のような状態に戻してほしい。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

【記事監修】  加賀原光太朗

7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより

補修無料見積り依頼/リペアスペース

2 件のコメント

  • ウォールドアの一枚に子供が穴を開けてしまいました
    穴埋め修理の見積もりが知りたいです
    修理代と出発代を別々で見積もりをお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    【記事監修】  加賀原光太朗

    7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより