人工大理石の焦げを補修!DIY補修方法やプロ依頼の費用を解説

人工大理石の焦げを補修!DIY補修方法やプロ依頼の費用を解説

キッチンの天板や洗面台、高級感ある見た目が人気の人工大理石。せっかくの天板に熱を持った物を置いて焦がしてしまったことはないだろうか?

もしもそうなってしまったらどう対処したらいいか迷うことだろう。

人工大理石の特性を考えて補修アイテムを選ばないとかえって汚れを広げてしまう場合がある。適したアイテムを使ってきれいに人工大理石を元の姿によみがえらせよう。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

人工大理石の焦げは自分で補修可能か?

人工大理石の焦げは自分で補修可能か?

キッチンの天板に焦げのシミが出来た場合どうしたらよいだろう。

大切なのは、自分で修復できるシミか、プロに依頼すべきシミかを判断することである。

その判断を誤るとシミを広げてしまい、返って悪化させる可能性がある。

では判断方法を見ていこう。

 

15㎝以下の薄い焦げはDIY補修可能な場合も

15㎝以下の薄い焦げはDIY補修可能な場合も

傷や汚れが付いた場合、自分で修復できるシミかどうかの判断として、『シミの大きさが15cm』を超えるものか、それよりも小さいシミかを判断基準にするとよい。

焦げのシミが15cm以下であれば、自分で補修できる可能性がある。しかし大きいシミの場合は、DIYでやると返って汚れが目立ったり、天板に凹凸をつけたりしてしまう可能性がある。まずはシミのサイズを測ってみてほしい。

 

範囲が大きい・目立つ箇所はプロに依頼

範囲が大きい・目立つ箇所はプロに依頼

焦げのシミが出来たときに、『15cm以上』の場合には、プロに依頼したほうが良いと説明したがその理由は人工大理石の材質が理由である。

人工大理石は加工しやすい分、簡単に研磨することが出来るのである。

例えばキッチンのカウンターの上に火からおろしたばかりの鍋を置いてしまい、丸い焦げを付けてしまったとする。焦げのついた円の形だけにヤスリをかけてしまうと、簡単に天板を削り凹凸が出来てしまうのだ。

そして素人ではその凹凸に気付かずに使用し続けた結果、そのへこみに徐々に汚れがたまるのである。また新たな汚れを生み、衛生上も良くない。

このようにサイズが大きい汚れは天板を平らに調整するのが難しい為、15cmを超える焦げの汚れの場合には、プロに依頼することをお勧めしたい。

 

自分で人工大理石の焦げを補修する方法

自分で人工大理石の焦げを補修する方法

焦げのシミのサイズが15cm以下の場合には、まず自分で補修できるか試してみるのもよいだろう。

人工大理石の焦げの汚れを落とすのにお勧めのアイテムを紹介する。

 

メラミンスポンジで研磨する方法

https://amzn.to/2O86ZH5

https://amzn.to/2O86ZH5

近年よく使用されている『メラミンスポンジ』これは、よく見ると細かな編目状で出来ているので実際に触ってみると、通常のスポンジよりも硬い。これはメラミンスポンジの材料である、メラミン樹脂が硬いからである。

人工大理石についた焦げの汚れに対して、メラミンスポンジを水に濡らしてからこすると、少しずつ表面を削っていくことで汚れ部分を除去することが出来るのだ。

 

クレンザーや歯磨き粉を使用した方法

https://amzn.to/312fKHS

https://amzn.to/312fKHS

次に試してほしいアイテムは、『クリームクレンザー』である。これはメラミンスポンジよりも表面を削る効果がある。洗剤の中に研磨剤が入っているからだ。

しかし強くこすりすぎてしまうと、人工大理石の表面を凸凹にしてしまう可能性があるので注意が必要だ。また人工大理石の種類や色によっては、曇りや傷が残る可能性があるため、まずは目立たない場所からテストを行って利用することを勧めたい。

そしてクリームクレンザーを試す前に一度『歯磨き粉』を使ってみてもよいだろう。クリームクレンザーに比べて、効果は期待できないが、影響の少ない歯磨き粉で試すのも良いだろう。

 

人工大理石の種類や特徴も押さえておこう

人工大理石の種類や特徴も押さえておこう

人工大理石の焦げのシミを取るためにお勧めのアイテムを見てきたが、人工大理石についても知っておこう。

まずは、人工大理石はよく『ジンダイ』と呼ばれる。しかし『人工大理石』と『人造大理石』の2種類が存在することは知っているだろうか?先ほどから説明しているのは『人工大理石』のことである。ではその違いから見ていこう。

人工大理石・・・ポリエステル系、ビニルエステル系、アクリル系などの樹脂を固めて出来た人工素材のことを指す。天然の大理石は一切入っていないのが特徴である。

主成分が樹脂の為、天然石に比べて比重が低く、天然石に比べると耐熱性には劣るが、防汚性能は高いと言われている。

人造大理石・・・天然石を粉砕して樹脂で固めた半人工素材のことを指す。天然大理石に比べると低コストで内装材に使用されることも多い。

『ジンダイ』と言われているものにも2種類あるということが分かった。では『人工大理石』の種類を見ていこう。

 

アクリル系とポリエステル系の違い

アクリル系とポリエステル系の違い

人工大理石には、アクリル系とポリエステル系が存在する。その特性を見ていこう。

・アクリル系

①耐久性に優れている

②外観の変化がしにくい

③高級感がある

④耐水性に優れている

⑤ジョイントなどがあった場合、シームレス接着で目立たなく加工が可能

⑥曲げ加工が可能

・ポリエステル系

①耐薬品性に優れている

②耐溶剤性に優れている

③長期的に考えると劣化する恐れ

④アクリル系に比べると安価

上記が人工大理石のアクリル系とポリエステル系の違いである。一見ポリエステル系を粗悪と感じるかもしれないが、一般住宅で使用する分には一切問題ない。

 

人工大理石は熱に弱い?熱伝導率は?

人工大理石は熱に弱い?熱伝導率は?

キッチンのカウンターなどで利用している人工大理石だが、実は熱に弱いと言われている。

しかし、メーカー独自の試験では表面に180度の熱い鍋を20分間放置しても変色することはなく、260度の鍋を5分間置いても損傷がないという結果も出ている。

ただし火からおろしてすぐの鍋やフライパンは500度近くに達することが考えられるため、直接鍋を置いてしまうと焦げのシミを付ける可能性がある。実際には鍋の温度が何度か確認するのは難しいため、熱いものは直接置かずに鍋敷きなどを利用してほしい。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

 

人工大理石の焦げをプロに依頼する

人工大理石の焦げをプロに依頼する

人工大理石の焦げのシミが15cmを超えてしまったときには、迷わずプロに依頼してほしい。何故なら絶対に修復不可能な傷や汚れもリペアのプロであれば、驚くほどきれいに修復してしまうからだ。はっきりと残っている鍋の跡もプロのリペア職人に依頼すれば下の写真の通り全く跡が残らない。

はっきりと残っている鍋の跡もプロのリペア職人に依頼すれば下の写真の通り全く跡が残らない。

また人工大理石の補修は穴も埋めることが可能だ。

下記左側の写真の通り、2つ空いていた穴もプロの手にかかれば穴は1つにすることもできる。穴の周りについていた汚れもきれいに除去されている。

2つ空いていた穴もプロの手にかかれば穴は1つにすることもできる。穴の周りについていた汚れもきれいに除去されている。

 

補修のプロであるリペア業者とは

補修のプロであるリペア業者とは

人工大理石の大きな傷も補修のプロに依頼すると驚くほど傷がなくなることが分かった。では具体的にはどこに依頼したらいいのだろうか?

リペア職人の探し方を見ていこう。

探す方法は以下の3つが考えられる。

①マンションや住宅購入した販売店や工務店に相談

②インターネットでリペア職人を直接探す

③知り合いを探す

住宅を購入している場合には一番探しやすいのは、①の販売先や工務店に聞く方法だろう。しかし上記でリペア業者を探した場合、工事金額が高くなる可能性がある。

その理由として、販売店や工務店にはリペア職人はおらず、外注にてリペア職人を手配する事となる。よって、他業者を介するほど仲介料が掛かってしまうからだ。

リペア職人は専門の職人の為、工務店に所属しているケースが少ない。

販売店→工務店→リペア職人

少なくとも上記の通り2社を介して、リペア職人に依頼することとなるので、注意が必要だ。

ただし、インターネットで『リペア職人』と検索をしてもその依頼した職人の技術力や価格面で妥当かどうかの判断が難しい。

それを見極めるために、リペア職人に依頼したときの費用相場を見ていこう。

 

リペア業者の補修事例と費用

リペア業者の補修事例と費用

実際にリペア職人に依頼した際の、施工事例と費用について見ていこう。

実際にリペア職人に依頼した際の、施工事例とを費用について見ていこう。

上記は、キッチンの天板に汚れを付着させた事例である。サイズは小さいものの、長期間放置していたためにDIYでは落とすことが出来なかった汚れである。

プロのリペア職人に依頼すれば一瞬で汚れは何もなかったように元通りになるのだ。

費用は交通費や諸経費は場所によって異なるが、上記の事例で25000円であった。

上記は右側の奥にあった穴をふさいでいる。洗面台の穴をふさぐ工事は水栓の交換や使い勝手の変更で起こる可能性がある。そんな時でもリペア職人に依頼すれば一切穴の跡が分からなくなるのだ。こちらの費用は50000円である。

上記は右側の奥にあった穴をふさいでいる。洗面台の穴をふさぐ工事は水栓の交換や使い勝手の変更で起こる可能性がある。そんな時でもリペア職人に依頼すれば一切穴の跡が分からなくなるのだ。こちらの費用は50000円である。

上記の事例は、キッチンのカウンターの際に硬いものがあたったために大きく割れてしまった。こうなってしまえば交換しか手段はなさそうだが、しかし右の写真のようにどこに欠けがあったのかわからなくなるほどきれいに修復できるのだ。

上記の事例は、キッチンのカウンターの際に硬いものがあたったために大きく割れてしまった。こうなってしまえば交換しか手段はなさそうだが、しかし右の写真のようにどこに欠けがあったのかわからなくなるほどきれいに修復できるのだ。

特注品などであれば交換で同じ物を新たに求めることはできないが、リペアは既存の物を大切に使い続けることを叶えてくれる。

上記も同じようにヒビが入った事例である。これも補修の後は、どこに亀裂が入っていたか判断することは難しい。

上記も同じようにヒビが入った事例である。これも補修の後は、どこに亀裂が入っていたか判断することは難しい。

以上のようにプロに依頼することで、傷がどこにあったのかわからなくなるほど補修が可能だ。

傷、欠け、ヒビ、割れはまた見た目の問題だけでなく、特に水がかかる部分であれば汚れが入り込みやすく、その汚れを餌にカビが発生し劣化の原因となることがある。水がかかる部分はもちろんの事、損傷は出来るだけ早く補修することをお勧めしたい。

金額は損傷のサイズで変わってくるが、人工大理石の場合1カ所25000円~65000円で補修することが出来る

 

人工大理石の焦げはリペア業者におまかせ

人工大理石の焦げはリペア業者におまかせ

人工大理石にできた焦げ跡は非常に小さなもので、損傷が浅い場合であればDIYで落とせる可能性もある。しかし少し試して難しそうであれば、失敗しないためにも中断していただきたい。

無理に自分でやってしまい返って変色させたり、凸凹させたりしてしまえば、補修のハードルは上がり、余計に補修費用が掛かってしまう可能性もある。

無理せずに専門のリペア職人に依頼することをお勧めする。

リペアを依頼したい場合、まずは補修したい場所の写真(損傷サイズがわかるように)を撮って、お問い合わせやメールにて見積依頼するとよいだろう。

その時もしもキッチンやカウンターの図面があれば人工大理石のメーカーを確認できる可能性があるので、準備しよう。

使い勝手のいい人工大理石を上手に修理して長く使ってほしい。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

【記事監修】  加賀原光太朗

7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより

補修無料見積り依頼/リペアスペース
人工大理石の焦げを補修!DIY補修方法やプロ依頼の費用を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【記事監修】  加賀原光太朗

7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより