フローリングにできたカビの対処法とその予防

フローリングに黒ずんだカビが生えてお悩みではないだろうか?フローリングにカビができる原因は主に2つ。敷物・布団、そして結露だ。どちらも湿度が関係してくる。そんなフローリングにできたカビだが、アルコールや中性洗剤を使用することで取り去ることができるのだ。しかし、木材自体にカビが生えた場合は業者に依頼しないといけない。今回はカビが生える原因と予防法、カビの除去法、そして業者に依頼したときの相場を紹介しよう。今記事を読むことで、フローリングのカビを除去することもできるようになれば、予防することもできるようになる。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

フローリングにカビができる原因

hardwood-flooring

出典:http://www.homeadvisor.com/

日本という国に住んでいる以上フローリングや壁紙にカビが生える確率は高い。カビが生える原因は、ずばり湿度だ。カビは温度20℃、湿度60%になると発生してくる。カビの厄介な点は、成長スピードが早いところだ。どんどん繁殖していくので、あっという間にカビが目立ってしまう。湿度が高いところを好むカビは、壁紙の裏、水回り、トイレ、洗面所などに発生しやすい。基本的にトイレや物置などの閉じ込められた室内、キッチン、洗面所などの水回りに発生しやすいカビだが、なぜフローリングにも発生するのだろうか?リビングなどの水回りではない場所にカビが生えている方も多いのでは?フローリングにカビが生える原因は、主に2つだ。敷物と結露。1つ目の原因である敷物とは、カーペットや布団のことである。特に布団は要注意が必要だ。あなたはカーペットに布団を敷いて寝てはいないだろうか?人間は眠っている間に、200mlもの水分を失うのだ。200mlとは、コップ1杯分。これだけの水分が布団に吸収されるわけだ。つまり、布団の湿度は汗によって高くなる。朝起床して、毎日布団を干したり、片づけたりすると問題はない。しかし、布団をそのままにしておくとカビが生える原因となるのだ。マットやカーペットも同じだ。ずっと敷きっぱなしにしておくと湿度がこもり、カビが生える原因となる。2つ目の原因である結露は冬に起こりやすい。冬は室内が暖かく、外は冷たく冷え切っている。この温度差が結露を起こす原因となる。結露は窓に水滴となって付着し、その水滴がフローリングに落ちるとカビが生える原因となるのだ。もともと湿度が高い日本はカビが生えやすい。湿度が高くじめじめとする梅雨の時期はもちろん、冬までカビが生えてしまうのだ。そして、日本の住宅は気密性が高い。気密性が高いことは良いことだが、空気の流れが悪くなるということでもある。どんな家に住んでいようと、カビができる可能性は高い。ここからはカビが人体へ及ぼす悪影響を見ていこう。

百害あって一利なし!カビが人体に与える影響とは?

Girl wears polka-dotted rainboots

出典:http://www.elastilonusa.com/

あなたはカビが人体へ大きな悪影響を及ぼすことをご存じだろうか?カビはインテリアの見た目を悪くするだけではない。健康被害も及ぼすから問題なのだ。カビの胞子は空気中を浮遊し、人間は知らず知らずのうちにカビの胞子を体内へと吸い込んでいるのだ。カビが人体へ与える悪影響は、主に3つ。

1つ目は、アレルギー反応。体内にカビの胞子が入り込むと、免疫機能が過剰に反応を起こして、鼻づまり、鼻水、くしゃみ、せき等を起こす。風邪でもないのに、年中鼻水やせき等の症状に悩んでいる方は、カビが室内に生えている可能性を考えた方がいい。カーペットの裏やマットの下などの目に見えないところにカビが生えていることは多い。特に壁紙裏は要注意だ。

鼻づまりやせき等の症状は軽い方だ。最悪の場合は、アレルギー性の喘息を引き起こす可能性がある。免疫力が弱い子どもや老人がいる家庭は、カビの発生に気を付けなければいけない。特に幼児はハイハイで歩き回ったり、フローリングを口に付けたりする機会が多い。つまり、カビを体内に入れる可能性が極めて高いのだ。

2つ目は、がんや食中毒を起こすこと。空気中を浮遊するカビの胞子は、食べ物にまで付着してしまう。食べ物に付着したカビは、カビ毒という物質を放出する。カビ毒は種類が様々あり、現在のところ300種類以上が確認されている。その中に、食中毒やがんを引き起こすものもあるのだ。当たり前のことではあるが、少しでもカビが生えている食べ物は絶対に口にしてはいけない。

3つ目は、真菌感染症。免疫力が弱っているときは体内に侵入したカビを退治することはできない。カビは体内に残り続け、体内にカビが生えてしまう。この病気のことを、真菌感染症という。真菌感染症は、脳や肺などに起こる可能性もあるのだ。免疫力が弱まっている時だけではなく、子どもや老人にも起こりやすい病気である。

カビは人体に与える影響は、あなたが思っていたよりも深刻で重大なものだったのではないだろうか?小さな子どもや老人がいる方は特に要注意だ。カビの対処法を知る前に、まずは予防法を知ろう。カビを予防することが、何よりも大切なのだ。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

フローリングにできるカビの予防法

mold_vinyl_floor_l1

出典:http://www.thriftyfun.com/

フローリングに限らず室内にカビができるのを防ぐ方法に、部屋の換気を良くすることがある。現在の住宅、特にマンションは気密性が非常に高い。気密性が高いということは、快適な住宅つくりには欠かせない。空気が入り込んだり、外へ逃げ込んだりしないので夏は涼しく、冬は暖かい住宅を作ることができる。しかし、言い換えれば、室内に空気がこもりがちになるということである。空気がこもると室内にカビが発生しやすい。室内の空気を入れ替えることは、カビの基本的な予防法だ。毎日、定期的に換気を行い、こもった空気と新鮮な空気を入れ替えよう。

フローリングにできるカビの予防方法は、主に5つだ。布団を直接しかない、敷物は清潔にする、定期的な掃除、結露対策、そしてフロアコーティングを行うことである。最初の4つの予防方法は、特別な道具も必要ないので、ぜひ参考にしてほしい。

1.布団を直接しかない
可能ならば、布団を直接フローリングに敷いて眠ることはおすすめできない。大量の汗を吸った布団は、カビが育つには好条件となる。布団を直接敷くのではなく、布団とフローリングの間に除湿マットを敷くと良いだろう。最も手軽なのは、布団の下にバスタオルを敷くことだ。これだけでも、効果的なカビ対策となる。もちろん、毎朝気象後には布団を干したり、片づけたりして換気を良くするのは最低条件だ。

2.マットやカーペットなどの敷物は清潔にする
マットやカーペットには、汚れがたまりやすい。汚れはカビだけではなく、ダニの餌となる。マットやカーペットは定期的に掃除をするのはもちろん、天日干しを行おう。可能ならば、丸洗いも行いたいところだが、大きな敷物は難しいだろう。もし丸洗いできない場合には、防カビ剤をふきかけるといい。定期的な掃除を行うことによって、カーペットやマット自体にカビが生えるのを防ぐこともできれば、その下のフローリングにカビが生えるのも防ぐことができる。

3.定期的な掃除
カビの大好物は汚れだ。汚れがたまっている部屋では、カビが成長しやすい。逆を言えば、部屋を定期的に掃除することでカビの発生を防ぐことができる。フローリングの掃除は、掃除機で行うべきではない。掃除機ではフローリングの溝にたまった汚れを取り出すことができない、フローリングを傷つける可能性があるからだ。他の記事で詳しく解説しているのでそちらも参考にしていただきたいが、フローリングの基本的な掃除は雑巾やモップでのからぶきである。

4.結露対策
結露が起きるのは、冬の夜中の間である。夜中は就寝しているので結露を拭くことはできないが、起床後は可能だ。結露が発生した朝には必ず、結露を拭こう。結露は水分なので、フローリングにしみこむとカビを発生させるだけではなく、ひび割れや膨張の原因にもなってしまう。また結露を発生させない方法として、室内を加湿しすぎないという方法もある。

5.フロアコーティング
フロアコーティングとは、フローリングにコーティングを行うこと。コーティングは材質だけではなく、材質と材質の間の溝にまで及ぶので、汚れがたまりにくいというメリットがある。またコーティングがフローリングを守るので、フローリング自体にカビが生えるということも予防することができるのだ。フロアコーティングはDIYで行うことも可能だが、基本的には業者に依頼するのをおすすめする。相場やフロアコーティングについては、ほかの記事で解説しているので、ぜひ参考にしていただきたい。

DIYでのフローリングのカビの落とし方

F2C8FH8G7DYY8CK.MEDIUM

出典:http://www.instructables.com/i

フローリングのカビ取り方法で多くの方がやってしまう間違いが、掃除機を使用することだ。掃除機を使用するとカビはきれいに除去できたように思える。しかし、後ろの排気口から吸い込まれたカビが家中にばらまかれるので、カビの成長範囲を広げてしまうだけだ。そのため、カビ取りに掃除機を使用してはいけない。

室内に発生したカビを除去する一番簡単な方法は、アルコールを使用することだ。アルコールをスプレーボトルに入れて、カビに吹きかける。そして、乾いたぞうきんなどでしっかりとふき取ることで、たいていのカビは除去することができる。アルコールの代わりに、エタノールを使用することも可能だ。アルコールにはカビの根を取り除く働きがある。注意点としては、アルコールやエタノールを直接フローリングにたらさないことだ。フローリングが変色する原因となる。基本的には、アルコールで拭くだけで、カビを除去することができる。

気になるカビの黒ずみは、中性洗剤を使用することで落とすことができる。バケツなどに水を入れて、中性洗剤を少量加える。その後、雑巾などを固く絞ってカビを拭く。これでカビの黒ずみを取り除くことが可能だ。

もし長期間の間、カビが生えたままで放置されていると、カビがフローリングに施されているワックスの中に入っていく。この場合は、一度ワックスを剥がしてからカビ取りを行わないといけない。ワックスを剥がしてから、カビを除去するのは素人ではほぼ不可能だ。その場合は、業者に依頼しよう。しかし、業者でもカビ取りを完璧に行うことは難しい。やはり一番大事なのは、カビが生えるのを防ぐことだ。

業者に依頼したときの相場

ワックスやフロアコーティング内部に浸透して、木材自体にカビが発生した場合には業者に依頼しなければいけない。80%の確率でフローリングを張り替えることになる。フローリングの張り替えは、フローリング材の種類によって値段も異なるが安くはない。フローリング張り替え工事にかかる費用は6帖で約10~16万円である。決して安い値段でないことは明らかだろう。フローリング表面だけにカビがとどまっているのなら、フローリングの張り替えを行う必要はない。大切なのは、フローリングにカビを生やさないように予防すること。もしカビが生えたとしても、すぐに対処することでフローリングの張り替えを行わずにすむ。

まとめ

湿気が多い日本では、壁だけではなくフローリングにもカビが生えることがある。特にフローリングに布団を敷いて就寝する方、フローリングにマットやカーペットを敷いている方は要注意だ。大切なのは、定期的な掃除・換気を行い、室内に新鮮な空気を取り込み清潔な状態にすることである。フローリング材自体にカビが生えるとフローリングを張り替えることになり、高い費用を支払うことになる。もしカビを見つけたら、今回紹介した対処法で即座にカビを除去していただきたい。

高い技術を誇るリペア職人による無料見積りはこちらより

【記事監修】  加賀原光太朗

7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより

補修無料見積り依頼/リペアスペース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【記事監修】  加賀原光太朗

7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより